今から20年ほど前の話です。


当時の私には5歳下の彼女がいまして、

少し離れた場所-遠距離とまでは言えませんが、

車で3時間ほど離れた場所に住んでおり、

仕事の忙しさも相まって会えるのは

月に1~2度という感じでした。


私の住んでる土地は

自然しか取り柄の無いような海辺の田舎町で、

都会っ子の彼女は

そんな素朴な田舎町の山や海で遊ぶのが大好きな子でした。


そんな彼女と付き合い始めて

初めての纏まった連休-お盆休みに起きた

不思議なお話です。


「お盆休みどうしよっか?」


「うーん、

ゆっくりと会えるんだし

キャンプとかしたいなー」


「海でバーベキューとか?」


「うんうん!そういうの好き!」


さて、彼女には

姉と歳の離れた小学生の弟が居まして、

付き合ってすぐに紹介されており、

どうせなら姉と弟、姉の彼氏も一緒に誘ってはどうか?

という私の提案に彼女も賛成してくれまして、

5人でキャンプをする事となりました。


「何処にしよっか?

少し遠出して○○海岸でも行く?」


「うーん・・

混んでるとこは嫌だしなぁ・・

そうだ!

○○君の家の近くの海にしない?」


「ええ・・あんな辺鄙なとこでいいの?」


「うん!

近くにコンビニもあるし、

銭湯もあったよね?

ばっちりじゃん!

雨になったら〇〇君ちに行けばいいし!」


海と言っても海水浴場ではなく、

釣り客がたまに来る程度でしたが、

昔は観光客を呼びこもうとしたのか、

海の家のような廃屋が幾つかある海岸に決まりました。


その後、

仕事に追われ幾日か過ぎ

てやっと迎えたお盆休み初日の朝、

彼女の兄弟と姉の彼氏を迎えに

彼女の町まで車を走らせました。


「晴れて良かったね!」


「僕、キャンプ楽しみにしてたんだ!

おにーちゃんありがとう!」


車中ではしゃぐ兄弟達と、

仕事疲れなのか、

そうでもない暗めな表情の姉彼と・・


そんな楽しい時間も過ぎ、

目的地の海に到着しました。


「わーーー海だーーー」


「きゃーーーーーつめたいーーーー」


「おおーーー」


はしゃぐ兄弟たちを眺めながら、

男性陣はテントを建てたり釜戸を作ったりと、

準備に勤しむ楽しい時間が過ぎていきました。


他にはそれらしい人は居らず、

時折漁師の車が通るくらいで

本当に静かな海辺でした。


やがて時間は過ぎ、

夕食のバーベーキューは

陽が落ち始めた頃となりました。


当時はまだ市販のバーベキューセットなどもあまり無く、

砂浜に石を積み上げたお手製の釜戸で、

なかなか火が起きず

アタフタしてる男性陣に割り箸を持ちながら


「はやくーーー」


という兄弟たち。


「このエビ美味しい!」


「焼肉も外で食べると格別だね!」


楽しい時間は過ぎ、日は完全に落ちて

真っ暗な中にバーベキューの火だけがゆらゆらと灯してる、

ゆったりとした時間が過ぎていきました。


ふっとトイレ-といっても

その辺でするしか無いのですが、

立ち上がろうとした時でした。


点在してる海の家らしい廃屋に

灯りが点っているのが見えたのです。


ただ、廃屋っぽくは見えますが、

実際は漁師が倉庫に使っていたりなど

人の出入りがある建物がある事も知っており、

普段は特に不思議には思う事でもないのですが、

ちょっと様子が違いました。


その廃屋には大きめの窓が有り、

数人の人間の顔が1本のロウソクを囲んでいるのが

遠目にも解りました。


不思議な事に

その顔の表情も見て取れるくらい

はっきりとしていたのです。


一瞬ゾクっとはしましたが、

あまりに鮮明に見えるので


「町の若い衆が

肝試しに百物語でもやってるのかな」


などと思いました。


-せっかくの楽しい時間だし、気にしないでおこう-


ちょっと離れた場所で用を足し、

みんなの所に戻りました。


「よし、花火やろっか」


「やったー!」


「花火花火!」


大量に買った花火をどんどん消化し、

わいわいと楽しんでる皆を横目に、

どうしてもさっきの廃屋が気になりチラ見をすると、

まださっきの状態のまま、

ロウソクを囲んでる幾人かの頭が見えました。


20m以上は離れていたと思うのですが、

何故か私にはその表情や目の向きなどが

はっきりと見て取れていました。


運転手の私は

もしもの時の為にお酒は飲んでおらず、

そういった意味での勘違いでも有りません。


とにかく、はっきりと見えたのです。


-ニヤっと笑いながら手招きをしてる男性の顔を-


「これはヤバイな・・・」


そう思った瞬間でした。


夕立にも似た激しい雨が振ってきたのです。


みんなテントに逃げ込み、

各々タオルを出して頭や身体を拭きました。


「うわー濡れちゃったね」


「うん、でもこれはこれで旅の思い出だよ!」


「うんうん!だよね!」


私は先ほどの廃屋の件がどうしても気にかかり、

雨だし帰ろうと促しましたが、

大丈夫大丈夫と寝袋の準備をしだす皆。


私も諦めて寝袋に入り、

いつしか眠りにつきました。


翌朝の早くに目が覚めた私は、

まだ寝息を立てている皆を置いて

テントから抜け出し、

昨日の廃屋を確認する事にしました。


外はもう明るいので恐怖などは無かったのですが、

近づくにつれ息が重くなるのを感じました。


昨夜、

あの顔が見えた窓際に立ち、

中を見ました。


-これは・・・どういう事だ・・-


そこには

部屋中にびっしりと詰め込まれた廃材や網、

とにかく天井まで届くくらいのゴミがいっぱいで、

とても人間が入れるスペースなど全く無かったのです。


そう大きくも無い建物の周囲を確認しましたが、

中へ入れるであろう戸には

固く留め木が打ち付けてありました。


-まぁ・・これでも旅の思い出か・・

彼女らには内緒にしておこう-


テントへ戻り、

大雨でバーベキューや花火の後片付けをしていると

皆が起きだし、

おはよ~とボーっとした声で

折りたたみの椅子に座り


「朝ごは~~ん~~」


と催促。


その後、

海で遊んだり釣をしたりと昼過ぎまで遊び、

姉と姉彼、弟を家まで送り届ける帰路につきました。


その車中は

楽しかったキャンプの話で

盛り上がりました。


「来年も行きたいね!」


「来年まで俺ら付き合っていれば・・ね」


「ひどーい」


「あはははは!」


「そういえば、

久しぶりにお爺ちゃんの顔見たね」


-ん?-


「うんうん、

あっち行っても楽しそうにやってるみたいだったね」


-何の話ししてるんだ?-


「しっかしさぁ、

孫の彼氏を見に来なくてもいいじゃん」


「だよねー」


「ちょ・・・お前ら何の話ししてるんだ・・?」


「あれ、〇〇君には見えなかった?

あの海さ、霊場なんだよ」


「え?え?」


「お盆で生前の家に帰る前に、

集まってたみたい」


「え?え?」


「私達が居るから

○○君にも視えたはずだけど・・・」


訳も判らず、

兄弟たちが話す会話に

ただただ驚愕してる私の肩を

ちょんちょんと叩く姉彼。


「この兄弟ね・・

なんかの末裔で視えるらしいのよ」


「えっと・・え?」


「大昔、霊を祓ったりする部族が居て、

その末裔らしい。

だから嫌だったんだ・・

こいつらとキャンプなんて・・・」


姉彼はこれまでも同じような場面に遭遇したようで、

姉が希望する旅先は、

どこそこの霊山だの廃墟だのといったものばかりで、

たまに普通の温泉地などを希望したときも、

その温泉地自体が火山の噴火で大勢が亡くなっており、

霊がうろうろしるなどと聞かされたり

怖い思いをしてきたらしいです。


恐恐と後ろの席に居る彼女をルームミラーで見ると、


「また来ようね!」


と何時もの可愛い笑顔・・・か?


姉と姉彼、弟を送った後、

俺と彼女は残りのお盆休みを消化すべく、

とある田舎町にある温泉街へ向かうのでした。


------------


このお話はこれで終わりです。


その後3年ほど彼女とお付き合いし、

怖い思いも何度かしました


が、別れた原因は至って普通の理由でした。