この前、先輩とメールしてて

10時頃に無意識の内に寝ちゃってた。


で、ふと目を覚ましたら

消したはずも無いのに電気が消えてた。


親はその日居なかったから「妹かな」とか思って、

とりあえず喉渇いてたから、

電気消えたまんまの自室を出て台所に行って

ウーロン茶飲んで、ついでに時計見た。


確か深夜の3時頃。


そんで、

そういえば部屋整理せずに寝ちゃったな。

なんて思いながら自室に帰って

電気付けてみてビックリ。


部屋にある人形という人形が

全部ひっくり返ってた。


安定感の悪いペ●ちゃん人形とかも、

妹の手の届かない所にあるような人形も、

ぜーんぶ逆さまになってた。


で、気味悪いから

とりあえず人形全部大慌てで元に戻して、

んでそのまま布団に入って寝た。


無意識に寝ちゃってたくらいだからね。


速攻で寝付けたんだと思う。


…で、夢を見た。


廃工場みたいな所で、

あたしは必死で何かから逃げてる。


わかんないけど、

捕まっちゃいけない気がして超走ってる。


息切れの苦しさとか、

ずっと走ってるとなる喉の奥の熱さとか、

肺の痛みとかスゲーリアルだった。


それでずっと走ってたら、

ふと音楽が聞こえる。


…あ、これあたしの目覚まし時計の音楽だ!!


これ聞こえる方に行けば起きれる!!


直感的にそう思ったあたしは

慌ててそっちに向かって走った。


そんで、その音が漏れてくる扉を見つけた。


やった、このドアさえ開ければ…!!


そう思った瞬間、

後ろの襟を誰かにガッと掴まれて、

物凄く息苦しくなった。


やばい、捕まった!!


そう思った瞬間、パッと目が覚めた。


目が覚めたと同時に、

思わず身体を起こした。


ちら、と時計を見ると6時半。


…もしかして逃げ切れた?


捕まったけど…ギリギリセーフ?


そう思って、

安心して自分の手元を見下ろした。


手汗、超握ってた。


だから、とりあえず布団を握って汗を拭った。


…その瞬間、

不意にあたしの額辺りに影が差した。


おかしい、あたしの斜め上に…何か居る?


見ちゃいけない気はしてた。


でも、動かなきゃなんともならない。


怖くてどうしようもない、

心臓だってバックバクだし、

そのまま目を閉じたかった。


でも、勇気を振り絞って見上げた。


あのね、分かるかな。


近すぎて相手の顔が良く分かんないカンジ。


まさにアレだった。


超近くに、オッサンの顔があった。


目が超血走ってて、

まぶたが無いように見えるぐらい目を見開いてた。


恐怖の余り動けなくなって、

どうしようも無くなっちゃったよ。


そしたらそのオッサンね、

あたしの額に自分の額当ててこう言った。


「逃げんじゃねぇよ」


…で、どうやら気を失ってたらしい。


気が付いたら午前8時。


完全に学校遅刻。


額に流れる冷や汗を拭って、


とりあえず自分に


「あれは夢だ」


って言い聞かせた。


…でもね、その額の汗拭った手を見て唖然とした。


そこにはベットリ、血が付いてた。


あんなに必死で洗顔したの初めてだったよ。笑


そんなに怖くないかも


でも、実話だから洒落にならんのよ。