これは僕が小学4年生の時の話です。

その日は休日だったので友達5~6人と森にいってかくれんぼをする事にしました。

小学校に集合してお弁当を食べてから行くことにしました。

食べ終わって友達がそろそろ行くか??

って言ったんで森に向かいました30分歩いて目的の森に着きました

さっそく ジャンケンして鬼を決めました

ここからは鬼はSであとの友達はA.F.T.Mとします

Sが30秒数え始めたので

みんなで急いで隠れる事にしました

僕はA.F.Tの5mぐらいの距離に隠れる事にしました。

Mはなぜか木と一体化してました(笑)

気付けば夕方になってて、森は薄暗くて気味悪かったです

Mが最初に見つかりました

それを見てた

僕とA.F.Tは

あいつ一体化してた割には

見つかんの

はゃっ!!って

いって笑って見てました。

それから

少しして

Sにまた数えてって

言いました(なんとなく)

そして

もういいかーいって

Sがいって

まーだだよーっていって

笑ってました。

もう一回Sが

もういいかーいって

いったとき

どこかから

女の子の声で

もういいかーいって

聞こえたんで

あれ??って思ったけど

気のせいだと思って

気にしませんでした

Sがもういいかーいって

いったので

もういいーよーって

いったら

いきなり目の前に

赤い頭巾と赤い服を来た

女の子が

ぐしゃぐしゃの顔で

口しかなかったんですけど

口がニタァってして

お兄ちゃん見つけた-

気付いたら

Sの家にいました

みんなに女の子の事聞いたら

みんなも見たっていってました。

小さい女の子が お前の所に四つん這いで歩いていったと言われました

それを聞いた僕は初めて悪寒というのを感じました。