この話はアルバイトを通して親しくなった森脇さんという人が、

休憩室で時間を潰していた時に、私に話してくれたお話なんです。


普段はひょうひょうとして、

人を笑わせたりおもしろい話をする森脇さんなんですが、

この日はやけにマジメな顔をして、私に話をしてくれたんです。


この森脇さんは東京の下町生まれです。


森脇さんがまだ小学校の1年生の時。


季節は夏、そろそろ夏休みが終わる頃でした。


住んでいる場所の近くに、広い空き地があったんです。


夏草が4、50センチも生い茂る、広場だったんです。


その草が生い茂る広場に、

いつの間にかコンクリート製の下水管が置いてあったんです。


下水管の大きさは80センチ、長さは3メートルほど。


それが、ふたつ、空き地に置いてあった。


もともと、その空き地は子供の遊び場だったんです。


あらたに下水管があったもんだから、

子供には絶好の遊び場になったんです。


その中に入ったり、上に乗ってジャンケンしたり、

落としっこして遊んだんですね。


その日の夕方、

いつものように森脇君が遊びに行ったんです。


すると、ふたつある下水管の中のひとつに、

カッちゃんという森脇君の友達がひとりでいたんです。


その中に丸くなって、膝を抱えて座っている。


森脇君は、


「あっ、カッちゃん来てたんだ」


そう言って自分も一緒に中に入ったんです。


下水管の中は狭いけど、小さな子供ですから、

簡単に入れて一緒に座れたんですね。


でも……


なんとなくカッちゃんは元気がない。


いつもはすごく活発で、

暴れ回っている元気者のカッちゃんが、

なぜだかその日は、

やけに暗いムードを漂わせて異様に静かなんです。


森脇君がいくら話しかけても、

ほとんど返事もしないで暗い顔をして、

膝頭を抱えたままうつむいているんです。


森脇君は、


『なんか今日は変だな?』


そう思って話しかけるのをやめたんです。


下水管の中にいると、かなり暗いんです。


暗い空間から外を見ると、

丸い世界が切り取られたように見えるだけです。


外はもう夕日が見えて、次第に暗くなる時刻です。


日が暮れてくるから、

森脇君は家に帰りたくなったんですね。


でも、元気のないカッちゃんが気になるから、

帰るに帰れない。


そのとき……


無言のまま、うつむいていたカッちゃんが、

突然に顔を上げたんです。


ビクッ、と痙攣したのがわかったんです。


そして森脇君のほうを恐ろしそうな顔で見ている。


ギクッ、としたんです。


こんな恐ろしそうな、

怯えた顔をしているカッちゃんの顔を見るのは、

初めてだったんです。


でもよく見ると、

カッちゃんは自分を見ているのではない、

って気が付いたんです。


カッちゃんは自分の向こう側を見ていた。


「どうしたの?」


森脇君も反対側のほうを見たんです。


今度は森脇君が、

ビクッ、と恐怖の顔になった…。


その丸い下水管の外。


丸く見える空間に、

逆さになった女の顔があった。


上から顔を逆さにして、こちらを覗いていた。


顔は暗くてよく見えないが、

長い髪の毛を垂らしている。


ふたつの目だけが光って見える。


その長い髪が風にそよいで、

ユラユラと動いている。


森脇君は凍りついてしまった。


でも、逃げ出すことも出来ないから、

そのまま怯えたまま、逆さになった女を見ていた。


すると下水管の中で、女の声が響き渡った。


「見つけたよ………」


その声に、森脇君の背筋が凍りついた。


今まで身動きもしなかったカッちゃんが、


「ウワーッ!」


突然叫んで、下水管の反対側から逃げ出した。


森脇君も逃げ出したいけど、

自分のほうには女の顔がある。


逃げ出したくてもそっちには逃げられない。


カッちゃんが逃げ出したほうへ、

森脇君も慌てて四つん這いになって逃げた。


「ギャーッ!」


叫びながら下水管を抜け出して、

一目散に逃げ出したんです。



下水管を出たら、

カッちゃんは凄い勢いで夏草の生い茂る草むらを


“バサバサッ!”


と、かき分けて逃げて行く。


森脇君も必死でカッちゃんの後を追いかけていったんだけど、

とても追いつけない。


「カッちゃーん、待ってぇーっ!」


叫んでもカッちゃんは止まってくれない。


すると自分の後ろから、

女が髪の毛を振り乱して凄い勢いで、


“ザザーッ!”


草音を立てて後からドンドンと迫ってくる。


もう、怖くて仕方がない森脇君。


「カッちゃん、助けてーっ!」


泣き叫びながら逃げる。


でも、森脇君の背後には、

女が髪を振り乱してドンドン迫ってきている。


泣きながら走っている森脇君は、


『もうだめだぁ』


って思った


幸運にもその時大声にきづいたパトロール中のお回りさんがきてくれて

森脇君は泣きじゃくりながら抱きついた


恐る恐る森脇君は後ろを振り返った、

でももう何もいなかったそうです………