僕は数枚の写真を見せられていた。霊感があるというだけで霊的な相談を受けていた。

僕はどうすることもできない。

そして友人にはどう伝えたらいいんだろうか・・・

写真に写っているものに友人は面識がまったくないようだ。

その写真は友人と友人の弟2歳が映っていた。

弟を寝かしつけているところを友人の母が撮影したようだ。

ただそれだけの写真。その中に映るはずない人が映っていた。友人は言葉を発しなかった。

「俺にどうしろと?」

友「・・・わからない。どうしたらいい?」

「とりあえずお払いにすぐいったほうがいい。」

友「俺、憑かれてるのか?」

「わからない」

としか言えなかった。


話は2日前に戻る。

僕はバイト帰り、自転車を漕いでいた。

ふと遠くのほうで人影が見えた。

こっちに向かって歩いているようだ。

徐々に近づいてくる。

よくみると20だい前半のようだ。

スタイルもよく僕好みだ。

そうこうしているうちにすれちがった。

顔も悪くない。しかし声をかける根性はない。

・・・

また人影があった。

もう夜中の1時だというのにみんな物騒だなぁ・・・

ぼーっとしながらいつのまにかすれ違った・・・

ん?  なにか違和感が走った。

さっきの女の人・・・・また今すれ違った?

キィィィィ。自転車を止め振り返った。

誰もいない。





いや、誰かいる。

電柱の影からさっきの女がこっちをみている。

なんかやばいな・・・

とりあえず急いで自転車を進めることにした。

わりとスピードはでていた。

何気に振り返る・・・

誰もいない・・・


いや、物凄い速さで転々と移動するものがある。

電柱の後ろ、自販機の陰、交差点の影、同じスピードで瞬間移動するかのように追っかけてくる。

しまった!人間じゃない・・・

思わず友人Kに電話した。

「はぁはぁ、おい、遅くにすまん。いまから暇か?いっていいか?」

K「はぁ?なんやねん。別にかまわんけどさー」

「わかったもう着くから」


数分後、後ろを見ることなく友人宅へついた。

「はぁはぁ、すまない。はぁはぁ」

K「なんかあったのか?」

「いや、、特にはないがちょっと暇だったんで・・・」

K「相変わらず変なやつやな」


友人宅の窓から外を見た。

そこには・・・・



静寂と暗闇の中に街頭だけが輝いていた。



友「俺、お払いいってくるよ。」

「あぁ、そうするといい、俺にはなにもしてやれん。」

友「できたら一緒にきてくれないか?俺どこにいてもこの写真のやつが見えるんだ。たのむよ・・・

怖くて風呂もはいれないんだぞ。湯船にまでうつるんだよ・・・」

「ごめん、俺は行けないわ」

友「なんでだよ!友達だろ?お前しかいないんだよ。この女から助けてくれ。」

「ごめん、本当にできない、今日は帰るわ・・・。」







友人K「頼むよ・・・・」






そういって僕は急いで帰った。白状なのかもしれない。

僕にどうにかできたのかもしれに。でもあれは無理だったんだ。



だって今、君にしがみついて離れようとしなかったから。





そしてごめん、僕が連れてきてしまって・・・