私がPCを買い始めた時、

私は一日中ネットに興じていました。


私がいつものようにPCの液晶モニターとにらめっこしていると

なんとなく背後からから

誰かに見られているような気配を感じました。


しかし後ろを振り返っても誰もいない。


気のせいだと思って再びPCに興じ始めました。


午前2時を回り、そろそろ寝るかと思って

PCの電源を落としたその時、電源が落ちて

画面全体が黒くなった液晶の画面のほこりが指ですり取られ、


そうそれは雨の日の曇りガラスに文字を描く様に


「いつも君をみてるから」


ヒィィィィィィィィィィィィィィ!!


直ぐにその家を引き払いました。