残業で疲れた俺は自宅の玄関に着いた。

俺は一人暮らしなんだが、最近、家内で人の視線を感じていて正直家に入るのが怖かった。

でも、疲労で今にも倒れこみそうな俺は仕方なく家に入った。
早速、家に入った俺は疲労で寝室まで辿り着けず、床に倒れこんで寝てしまった。

目が覚めるともう夜中の三時だった。
変なタイミングに起きてしまった俺は不快に思ったが、再度寝ることに。

するといきなり「ドンッ!ドンッ!ドンッ!」と激しい動悸に襲われた。

「仕事のストレスかなぁ~」と思っていた俺は透かさず脈を取った。

予想通り脈拍が速くなっていた。
鼓動が大きくなり耳障りになって来たが、また寝るとしよう。


心臓の鼓動は聴診器なしには聞こえない。つまり、聞こえていたのは鼓動の音ではなく、足音。

「鼓動が大きくなり」ということは、その足音がだんだん近付いてきているということだ。