当時俺は大学の二部学生(夜間ね)で、

いつも大学が終わるのは9時過ぎだった。


その日は帰りに本屋に寄って、長々と立ち読みして

本屋出たのは11時を過ぎていた。


んで、自転車をこいで帰りを急いだ。


いつも通る地下道の入り口が見えて来て、

中に黒いワンピース着た女の人が入っていった。


こんな時間にここを人が歩いてるなんて珍しいな

とか思いながら俺も地下道に入っていった。


が、さっき見た女の人はいなかった。


女の人が入ってから俺が入るまで、

そんなに時間はたっていない。


地下道は200m位ある。


例えその女の人が走っても

出られるほどの時間はたっていない。


その瞬間、俺は怖くなって

全速力で地下道を抜けた。


後ろを振り返ったらなんか居そうな気がして、

振り返れなかった。



んで後日談みたいなもの。


一年位経って、

地下道で見たのは幻覚だと思うようになった。


別に心霊スポットでもないし。


まあビビりだから通ることは無かったけどw。


弟が買って来た東北怨念地図って本借りて読んでたら

あの地下道での他の人の体験談が載っていた。


内容は俺が体験したのとほぼ同じ。


ただ違うのは、

その人はバイクに乗ってたってことと、


後ろを振り返ったこと。


後ろには女の幽霊が乗ってたこと。