友人の家に泊まりに行った時。


翌日私は休みで、その友人は仕事なので、

その友人宅で私は夕方まで寝ていた。


その友人の部屋は1階でサッシを隔てて

外は小さな庭?みたいになっていた。


ガタガタという物音と振動で目が覚め、

とっさに『地震か!?』と思って起き上がったら、

サッシの前(部屋の中)に若い20代くらいの男が立っていた。


さっきの音はどうやらサッシ(鍵はもちろんかかってた)を

無理にこじ開けて入ってくる際の音だったんだ、

・・・と、ふと気が付き、『ぎゃ~~~!!!』と

声を上げたら走って逃げてった。


まだ半分寝ぼけていた私はサッシの鍵を閉め、

テレビをつけてオバQ(再)を見てた。


だんだん目が覚めてきて、友人の仕事場に電話を入れ、

今起こったことを話したら

友人が血相を変えて仕事を早退して戻ってきて警察ざたになった。


怖いと思ったのは、警察が


『本当に何もされなかったんですか?』


としつこかったこと。



それからしばらく経ってから。


今度は自家(マンションの9階)で寝ていた時。


うちの実家は玄関を入ってすぐ台所になっていて、

そのすぐ左に引き戸のついた

妹の部屋があって、その奥に居間があったんだけど、

その日私は妹の部屋で一人で寝ていた。


父親がちょっと変わった人で、

近所に母が仕事場に使っている部屋があったんだけど、

父はそこで一人で寝泊まりすることが結構あって、

夜中にひょっこり自宅に戻ってきたりしていた。


そんなわけで、玄関は夜も鍵を閉めなかった。


それとなぜか実家の表札は『○○××子』と、

母の名前のみで出してた。

(一見女の一人暮らし風) 


その夜、私は引き戸のほうへ身体を向けて、

ヘッドフォンで音楽をききながら寝てたんだけど、

なかなか寝つけなくて、

目は開いたまま引き戸をなんとなく見ていた。


そうしたら、暗闇の中、その引き戸がスーッと音も無く

(ヘッドフォンをつけてたからそう感じたのかも)

ゆっくり開いていった。


一瞬


『れ・・・霊?』


と思ったものの、すぐに


『あ、またお父さんが帰ってきたのかな』


と思い直した。


暗くてなかなかよく見えなかったんだけど、

じーっと引き戸のほうを見てたら、

いきなり目の前がボッと明るくなり、

灯りの向こうに知らない男の顔のアップが見えた。


私の顔の前をライターの火で照らされたのだ。


その瞬間、また私は


『ぎゃ~~~!!!お母さ~んっ!!!』


と声をあげた。


母が隣の部屋から飛び出してくるのと同時に

その男も部屋から飛び出してった。


母が玄関でその男の襟首をひっつかんで、


『あんたっ!何やってんの!誰っ!!』


と言ったらその男はしどろもどろしながら


『酔っ払っちゃって・・・アレ?○○さん

(よく覚えてないけど、田中とか山田とかありがちな名前)

の部屋じゃないですよねー』


とか言ってた。


母も寝ぼけてたのか、


『違いますよ』


とか言っちゃって、すんなりその男を放してしまった。


うちの隣にも向かいにも上にも下にも

○○(男が言ってた名前)といううちは無く、

おそらく、表札を見て女の一人暮らしだと思って侵入したんじゃないか、

という結論に至った。


別にどちらも何かされたわけじゃないけど、

知らない男が部屋にいるって女にとってはめちゃくちゃ怖い。


他にも変質者に追いかけられたり、つけられたり、

変態なイタ電など色々経験したけど、

これが一番最強の怖い体験でした。