昔一人の少女が傷ついた人魚を磯で見つけた。

どうやって助けて良いのか困っていると、

「海に戻してくれるだけで良いんです」

と人魚が言ったのでそのとおりにすると、人魚は元気を取り戻しお礼に真珠をくれた。

それを影から見ていた陣根という男が、少女がいなくなった後何と人魚を殺して肉をとり、自分と娘の万理と食べてしまった。

人魚は不老不死の効力があるといわれ、陣根はそれを狙ったのだ。

しかも娘の万理は結核だった。

七十年後、あの少女は真珠を元手に裕福な暮らしを孫たちにも与えてやれるほど幸福になったが、陣根と万理は一生苦しむことになった。



陣根と万理は不老不死になったが、だからといって患っていた病が治るわけではなかった。

そのため、万理は結核に苦しみながら生き続けることになる…