めちゃくちゃ仲の良い

AちゃんとBちゃんという2人の女の子がいた。


2人とも幼くてよく人形遊びをしていた。


そんな2人に別れの日が来た。


Aちゃんが家族と引っ越してしまう事になった。


別れの日に2人は泣きながら別れを惜しんだ。


そして、いつも遊んでいた


それぞれの人形を交換し、また会う約束をして別れた。


でも、その引越し先に行く最中に交通事故で家族全員死んでしまった。


その話を聞いたBちゃんは凄く悲しんだ。


その事故が起きて1年くらい経った頃に

Bちゃんがたまたま読んだ本に

死人を生き返らせる方法が書いてあった。


それは生き返らせたい人間の

名前を書いた御札を作った泥人形に入れて

お呪いをかけると数日後に生き返る

(なんか、ぬ~べ~にあったゴーレムの作り方と似てたと思う)

という者だった。


BちゃんはなんでもいいからAちゃんと

もう一度会いたくてその方法を実行した。


それから、数日してから、用事があって

夜に親が家を留守になる事になった。


家にはBちゃんだけが残った。


そして、もう夜も遅くなった頃に玄関を叩く音が聞こえた。


夜も遅くて、Bちゃんも最初は恐がってたんだけど、

玄関の向こう側から


「Bちゃ~ん、遊ぼうよう。」


って声が聞こえて来た。


その声は明らかにAちゃんの声だった。


本当にAちゃんが生き返ったと思ったBちゃんは

急いで玄関を開けようとした。


その時、「開けちゃだめ!」って声が後ろから聞こえて来た。


それはAちゃんの声だった。


その声にびっくりして後ろを振り向くと

自分の部屋に置いているはずのAちゃんから貰った人形があった。


それを見た瞬間、玄関の向こうにある物が

Aちゃんじゃ無いような気がしたBちゃんは急に恐くなった。


Bちゃんは人形を持って自分の部屋に逃げた。


自分の部屋のすみっこでビビリながらも守ってもらうように

人形を大事に持っていた。


その間、ずっと玄関を叩く音が聞こえてくる。


その内に疲れてしまったBちゃんは眠ってしまった。


しばらくすると帰って来た母親に起こされた。


母親が玄関がおかしいといい、

Bちゃんは恐がりながら母親と玄関にいった。


そこは一面、泥だらけになっていた。


Bちゃんは恐くて泣き始めたんだけど、

その泥の中に人形のような物を見つけた。


それはBちゃんがAちゃんにあげたはずの人形だった。


さらにその人形にはおかしい所が2つあった。


1つは前後にしか動かないはずの人形が

まるで家を守るかのように両手を開いていた事。


もう一つはその人形は金髪だったのに、

Aちゃんと同じ黒色になっていた。