ちょっと妙なことになってしまって、私もどうしたらいいのか・・・。


私が小学5年生になった時のこと。

クラス替えで一緒になった子と仲良くなり、一緒に帰るようになりました。

学区の関係で、同じ方角に帰る子が少なかったので嬉しかったのを覚えています。

それである日、その子に山を通り抜ける裏道を教えてもらったのです。


私が住んでいたのは鎌倉で、学校の近くに名前は分からないのですが山があり、通学路は、その山を削り取って作られた道路沿いにありました。

大人達からは、通学路以外を歩くな、と言われていたのですが、山の中を歩くと清々しい雰囲気に包まれて、親にも内緒でその道を使うようになりました。


ある日、私はその子と喧嘩してしまって、その子は先に帰ってしまいました。

どうして喧嘩になったのかは覚えていませんが、とにかく、その日は一人で、とぼとぼと、その子に教えてもらった山道を歩いていました。

だけどなんだか切なくて、まっすぐに家に帰るのが嫌だった私は、いつもは
直進する所を、獣道になっている横道に入っていったのです。
その獣道は左側が背の高い笹で覆われていて見えなくて、右側は葦が生えていて、隙間から田んぼが見える、という道でした。

どんどんと進んでいくと、足元の感触が段々と変わっていきました。

最初は山道特有の腐葉土っぽい、ふわふわとした感触だったはずなのに、途中から石畳のような、河原のような、ゴツゴツした感触になっていたのです。

でも、見た目は黒っぽい土のままで、景色もあまり変化はありませんでした。


延々と歩いて、ちょっとくたびれたなぁ、と思っていると、急に視界が開けました。

そこは野原になっていました。

それまでの笹の壁がぐるりと周囲を囲っていました。

緑の壁に囲われたようなその場所には、足元にはシロツメクサやリュウノヒゲ、ユキノシタといった、地を這うような植物が生えていました。

緑色の絨毯と緑色の壁に覆われたそこには、立派な門がありました。

笹の壁で出来た広い(10畳ほど?)場所の正面に、お寺のような門がありました。

私はなんとなく惹かれて、恐る恐るその門に近づいていきました。

すると、触れもしないのに、まるで風に煙が流されるような軽い動きで、門がふわりと開いたのです。

好奇心に駆られた私は、お邪魔します、と言いながら門をくぐりました。


門の先には、白い玉砂利が敷き詰められて、大きな飛び石が続く、日本庭園が広がっていました。

靄がかかったように、遠くまでは見渡せませんでした。

私は飛び石(何故か一直線ではなく、ばらばらに置いてあった)の上を跳んで移動しました。

白い玉砂利を踏んじゃいけない、と、思い込んでいました。

ちょっと面白くなりながら、まだ青い葉のもみじを見ながら進んでいると、いつの間にかゴロゴロと巨大な石が置かれた、河原に辿りつきました。


河原の巨石には、何人もお婆さんが座っていて、こちらをじーっと見ていました。

こんにちは! と挨拶すると、一人のお婆さんがニコリと笑って

「うちにおいで。疲れたろう?」

と声を掛けてくれました。

そのお婆さんに手を引かれて、来た道を、飛び石を跳びながら進むと、(お婆さんは普通に玉砂利を歩いていました)そこに家がありました。

立派な大きな平屋建てで、お婆さんはその家の縁側に座るよう言いました。

お婆さんはお煎餅とお茶を持ってきてくれました。

お礼を言ってお茶を飲みながら、私は友達と喧嘩したことを相談しました。

それはしょうがないねぇ、とお婆さんはただ、私の話に頷いていました。
そのうち、喧嘩をしたのは自分も悪かったことに気付いて、

「明日、学校で謝ります」と言うと、

「それがいいよ」と言って、

「お煎餅、食べないのかい?」

と聞かれました。

お腹は少し減っていましたが、もう夕方近くにお菓子などを食べると夕飯が
入らなくなる。私は

「いいえ、大丈夫です。それより、そろそろ帰ります」

とお茶のお礼をもう一度言って、帰ろうとしました。

お婆さんは

「もう帰るのかい?」

と残念そうに言いましたが、

「じゃあこれをあげよう」

と、私にお茶を出した湯飲みを渡そうとしました。

素敵な模様の入った白磁の湯飲みは、いかにも高そうに見えたので、

「いいえ、いりません。ありがとうございます」

とお礼だけ言いました。

それからは来た道を辿って、ごく普通に家に帰りました。


家に帰ると、母に遅かったわね、と言われました。

もう7時を過ぎていました。

私は寄り道したと言ったら怒られると思って、「友達と遊んでた」と言いました。

母は「それにしてもキュロットが随分、汚れてるわねぇ」と首を傾げていました。

翌日、私は喧嘩した友達に謝りました。その子も、謝ってくれました。

そして私は昨日にあったことを話すと、その子も行ってみたい、と言いました。

私は昨日のお婆さんにお礼を言いたいと思っていたので、帰りに行こう、とそういう話になりました。


昨日と同じ場所で曲がって、同じ道を進んで、でもいつの間にかその子の姿が見えなくなっていました。

名前を呼びましたが、返事がありません。

どうしたのだろうか、と思いながらも早足に進んで、例の飛び石を越えて、あのお婆さんの家へ辿りつきました。

でも、どうやらお婆さんは留守のようでした。そこで私は鞄からノートを一枚破って、『昨日はありがとうございました。おかげで仲直り出来ました』と書き残して引き返しました。

友達が何処に行ったのか、心配だったからです。


果たして、獣道に入る前の、いつも通る道の所まで戻ると、その子が居ました。

でも魂が抜けたようにボーっとしていて、私を見た瞬間、いきなり泣き出しました。

その子が言うには、私が獣道に入っていったのを追いかけていたら、いきなり私の姿が消えてしまって、その先には崖になっていた、と言うのです。
そんな筈は無いよ、と私が言うと、その子は「確かに見た!」と答えました。

「じゃあ確かめに行こうよ」と言っても聞かず、「行っちゃ駄目!」と強く止められて、「うん、じゃあもう行かない」と約束しました。

一度人と約束をしたら絶対に守る性格の私は、二度とそこへは行っていません。


ところが先日…もう10年以上経ってから、私に郵便が届きました。その子からでした。

『お湯飲みを預かってます。(私)ちゃんに、と』

その子宛に『私に渡すように』と、湯飲みが送られてきたそうなのです。

差出人名も、相手の住所も、神奈川県鎌倉、の先はぐちゃぐちゃに滲んでいて、何も読めない状態になっているのだということです。


これは受け取っていいものなのでしょうか?

色々と調べてみると、私はマヨイガか、下手をすると彼岸に行っていたように思えるのです。

お盆休みになったら、その子も地元(私は今も鎌倉在住)に戻るそうなので、その時に渡すね、と手紙には書かれていました。

何故、わざわざ県外に就職したその子に届けられたのか。

本当はあの日、その子は何かあったのではないか?

崖云々は方便ではないのか?

色々と考えてしまいます。


親にも内緒にしていますし、こんな妙な相談は誰にも出来ません。

どこかの言い伝えに、似た事例は無いものでしょうか?

以上、長々と失礼致しました。