2年ほど前に体験した話です。


私は不思議な夢を見ていました。


薄暗い林の中に私はたたずみ、

目の前には赤い鳥居があります。


ふと気が付くと、

腰に鈴をつけた赤い着物の少女が現れ、

手招きをするのです。


少女は鳥居の奥へと歩き出し、

私も無意識のまま後をついて行きます。


しばらく歩くと目の前には赤い鳥居と白い鳥居が現れ、

道は二手に分かれていました。


すると突然少女はこちらを振り返り、


「マユを探して…」


と一言つぶやくと

そのまま赤い鳥居へと歩いて行きました。


ここで私はなぜか赤い鳥居ではなく、

白い鳥居を選んで歩き出すのです。


そして、いつもここで夢から覚めるのです。


そしてこの夢を見るようになってから、

普段の生活にも少女が現れるようになりました。


学校や駅のホームなど場所は様々ですが、

現れる時は決まって鈴の音が聞こえるのです。


特に悪さをするわけでもなく、

悲しい瞳で私をじっと見つめているのです。


そこで当時付き合っていた彼女に

相談をすることにしました。


しかし、一部始終を聞き終えた彼女は

突然泣き出してしまったのです。


そしてたった一言呟きました、


「ユイごめんね…」


と。


しばらくして、

落ち着きを取り戻した彼女に

“ユイ”とは誰なのか聞いてみましたが、

教えてくれませんでした。


ただ、最後に彼女から二つの忠告を受けました。


「夢の中の赤と白の鳥居では必ず白い鳥居を選ぶこと」


もう一つは


「私とは別れたほうがいい」


次の日から彼女とは全く連絡が取れなくなり、

学校でも姿を見かけることはありませんでした。


それと同時にあの夢も見ることはなくなり、

少女が私の前に現れることはなくなりました。


しかし、いくつかの疑問がまだ残っています。


〝マユ、ユイとは誰なのか?〟


〝彼女の涙と白い鳥居を選ぶ理由〟


結局いまだにこの疑問は解決されていません。