この話はわりと最近の話なんだけど、

既に引っ越して、だいぶ距離を稼いでいるので書き込んでみます。


その頃、俺が住んでいたのは東京と神奈川の県境にある町で、

駅周辺は賑やかなものの、

すこし駅を離れるといきなり寂しくなるっていう場所だった。


俺の住んでいたマンションは小さな山(丘かな)を造成して作った住宅街にあり、

通勤時は、鬼のような坂を上り下りしなければならなかった。


その日、俺は仕事の仲間と遅くまで飲み歩き、

マンションへと続く坂道を登り始めたのは、AM3:00近かったと思う。

ヘロヘロに酔ってる俺にはいつもの坂もかなりキツく、

少し休憩しようと思い途中で少し立ち止まってタバコに火を点けた。


なにげなく進行方向である坂の上に目をやると、女性の姿が目に入った。


出歩くにはかなり深い時間ではあるが、まぁ俺も人の事は言えねぇし

さして気にも留めなかったのだが、

相手はいつまでもこちらを向いたままの姿勢で、

まったく動き出す気配がない。



青っぽいワンピースで髪の長い女性であることは、

確認できるが、蛍光灯の光を上から浴びているせいか

髪の下にある表情までは見えない。


あんまりジッと見てるのもなんなので、俺は女性から目をそらして

眼下に見える町並みを眺めながら2本目のタバコに火を点けた。


タバコを吸い終える頃には息切れもだいぶ収まったので、

俺は再び坂を上り始めようと、上を見上げた。



「おいおい冗談だろ・・・まだいるよ・・・」


女性は相変わらずこちらを向いたまま佇んでいる。


「やばいな・・・」毎度の事ながら俺の警報装置はいつも発動が遅い・・・


取敢えず足は動くし、ここは駅のほうへと引き返すしか手はないと思い、

俺は後ろを振り向いた。


総毛立った・・・


今まで坂の上に佇んでこちらを向いていた女性が、

俺の目の前にいる・・・


俺のほうが上にいる為か、上目遣いでこちらを睨み付けていた。


俺は声も出せないまま、再び振り向き懸命に坂を駆け登った。


幸いにして、部屋に転がり込むまで女性の姿も声もなかった。



恐怖に震えながら風呂にも入らず、

近所から苦情が来そうなほどTVのボリュームを上げて夜明けまでの時間を過ごした。


それ以上何事もないまま日が昇り、俺はホッと安堵しながらシャワーを浴び

寝不足の目を擦りながら仕事の支度を始めた。


そのとき気付いた・・・・・・


俺のスーツのポケットにごっそりと女性の長い髪が入っていた・・・