これはバイト先の人から聞いた話。


観音崎にある3分間トンネルって有名ですよね。


そこに男女3人ずつ計6人で行ったらしいです。


名前の通り普段はトンネル内の照明は消灯していて、

入り口のスイッチを入れると3分間だけ点灯するというもの。


照明を点灯させ、6人歩きながらしばらく進むと、

牢屋みたいなものを発見したそうです。


その異様な雰囲気に立ち止まって

神経を研ぎ澄ましていると突然、真っ暗に。


照明が消えてしまいました。


恐怖も絶頂だったため、それを合図にみんな絶叫して

入り口に突っ走りました。


顔面蒼白の中、それぞれが顔を見合わして、

冷静さを取り戻そうとする中気付いたことがあります。


男が一人いない。


もし転んで動けない状態ともあれば一大事なので

意を決してもう一度、入りました。


何が待ってるかわからない不安と緊張で全員震えていたそうです。


結局、牢屋付近まで行っても発見できず、

「引き返そう」としようとすると

牢屋にひっつくようにしている人影を発見。


その姿からおそるおそる近寄ってみると

取り残されていた友人でした。


「なにしてたんだよっ」


と声をかけようとした一人が息をつまらせました。


残された友人は、一人、取り憑かれた様に

牢屋をなめ回していたそうです。