俺の中学生のときの話を投下。


俺は週末に、中学で仲良くなった友達Aのところに、泊まりに行くことになっていた。

Aの家はI山という山の中腹にあって、俺の家は山のふもとにある。

双方の家ともに、一番近くのコンビニに行くのに車で30分もかかる、寂れたところだ。


泊まりに行く前日に、Aの家の場所がわからないので、山の地図をもってAに家がどの辺にあるか教えてもらった。

地図上で見れば、俺の家とはかなり近かった。
が、Aの家まで行くには、山の周りにある道路に沿ってぐるりと遠回りしなければならない。その距離、10キロ。

真夏の暑い中、10キロも走るのか・・・と少しげんなりしていた俺は、地図の中を走る一本の道を見つけた。

その道は、俺の家から少しいったところから始まって、山を一直線に登り、Aの家のすぐ近くで終わっていた。

長さは5キロほど。
この道を使わない手は無いだろう。

俺「こっちの道のほうが近いやん」

A「あー、でもこの道なぁ、舗装もされてないし、急やし、人もぜんぜん通らんからやめたほうがイイで」

俺「通れるんやろ?」

A「うーん・・まぁ通れるけど・・まあええか。そっから来いや」

ということで、その道で行くことになった。

その晩、家族に「こんな道ぜんぜんしらんかった」とその道のことを話した。

両親は「そんな道あったんやねぇ」とかなんとか言っていたが、じいちゃんは一人眉間にしわを寄せ、難しそうな顔をしている。

どうやら、この道のことを知っているようだ。

この道は正式な名前はわからないが、この辺では『ヒトナシ坂』というらしい。

何か名前にいわくがありそうだったが、まぁ、どうでもいいことだ。
さて、翌日、Aの家に行く日がやってきた。

家を出ようとする俺に、じいちゃんが真剣な顔で話しかけてきた。

「ええか、B(おれの名前)。あの坂は、夜になったら絶対通るな。絶対や。今じいちゃんと約束してくれ」

と、なぜか本気で心配している。

わかったわかったと一応言ったが、気になるので理由をたずねた。

すると、

「あの坂には、昔っから化け物がおる。昼間はなんともないが、夜になるとでてくる。だから絶対通るな」

なんだ年寄りの迷信か、と思った。

おれは幽霊なんて信じていなかったし、ましてやバケモノや妖怪なんて、すべて迷信だと思っていた。

心の中で少しじいちゃんをばかにしながら自転車を走らせると、ヒトナシ坂が見えてきた。

本当にどうして、こんなに近いのに今まで気づかなかったのだろう。

坂は少し急になっており、一直線。地面はむきだし。

左右の道端にはとても背の高い草が生えていて、横の景色がみえない。

だが、うっそうとしている感じは微塵も無く、真夏の太陽の光を地面が反射していて、とてもすがすがしい気持ちになった。


しばらく自転車を走らせていると、トンネルがあった。

高さは2.3メートルほどで、幅は車一台がギリギリ通れるくらい。

とても短いトンネルで、7・8メートルくらいしかない。すぐそこに向こう側がみえている。

立ち止まらずに、そのまま通った。
中は暗く湿っていて、ひんやりした空気があり気持ちよかった。


その後、何事も無くAの家に着き、遊び、寝た。

翌日もAの部屋でずっとゲームをしたりして遊んでいて、夕飯までご馳走になった。

気づいたら、8時になっていた。

まずい、今日は9時から塾だ。
遅れれば親に怒られる。

俺はいそいでAに別れを告げ、自転車にまたがった。

帰りは、いくら坂でも、10キロの道のりを行けば間に合わないかもしれない。

だからヒトナシ坂を通ることにした。

じいちゃんと約束したが、しょうがない。バケモノもきっと迷信だろう。
月明かりに照らされた夜道を、ブレーキなしで駆け下りていった。この調子なら塾に間に合いそうだ。

そう思っていると、昨日の昼間通過したせまいトンネルが、ぽっかりと口をあけていた。

すこし怖かったが、坂で加速していたし、通り過ぎるのは一瞬だろう。

いざはいったトンネルの中は真っ暗。
頼りになるのは自転車のライトだけ。

早く出たかったので、一生懸命ペダルをこいだ。


だが、おかしい。
なかなかでられない。

昼間はすぐ出られたのに、今は少なくとも30秒はトンネルの中を走っている。

思えば、今夜は満月で、外の道は月光が反射して青白く光っている。

だから、こんなに短いトンネルなら、その青白い道がトンネル内から見えるはずだ。

真っ暗と言うことはぜったいにない。

一本道なので、道も間違えるはずがない。


おかしい。おかしい。おかしい。おかしい。怖い。


そこまで考えたら、いきなり自転車のチェーンが切れた。


どうしようどうしようどうしよう!!

立ち止まり、あせりまくる俺。
まだ出口は見えない。


すると闇の中、何かがいた。


浮いていて、遠くから近づいてくる。

体はしびれたように動かない。

眼が闇に慣れ、ソレの姿がはっきり見えた。

白装束を着た女だった。

ただし、かなり大きな。

異様に長い手足。

最初は宙にういているように見えたが、四本足でトンネルの壁に張り付いている。

そして、ゆっくりゆっくりこちらにむかってきている。
ずりっずりっと音を響かせながら。

髪は地面まで垂れ下がり、顔には異様にでかい。目玉と口。

それしかない。

口からは何か液体が流れている。笑っている。

恐怖でまったく働かない頭の中で、きっと口から出てるのは血なんだろうなぁとか、俺はここで死ぬんかなとか、くだらないことをずーっと考えていた。

女がすぐそこまで来ている。


一メートルほどのところにきたとき、はじめて変化があった。


大声で笑い始めたのだ。

それは絶叫に近い感じだった。

ギャァァァァアアアアアハハハハァアアアァァァ!!!!!!

みたいなかんじ。
人の声じゃなかった。


その瞬間、俺ははじかれたように回れ右をして、いまきた道を走りはじめた。

どういうわけか入り口はあった。

もうすこし。
もうすこしで出られる。


ふりむくと、女もすごい速さでトンネルの中をはってくる。

追いつかれる紙一重で、トンネルを出られた。

でも、振り返らずに、ひたすら坂を駆け上がった。
それからの記憶はない。

両親の話によると、Aの家の前で、気を失っていたらしい。


目覚めたら、めちゃくちゃじいちゃんにおこられた。

あとで、俺はじいちゃんに、トンネルの中の出来事を話した。

あれはなんなのか、知りたかった。

詳しいことはじいちゃんにもわからないらしい。

だが、昔からあの坂では人がいなくなっていたという。

だから廃れたのだと。


化け物がいるといったのは、人が消えた際に調べてみると、その人の所持品の唐傘やわらじが落ちていたからだそうだ。

だから、化け物か何かに喰われたんだ、といううわさが広まったらしい。

まぁ実際に化け物はいたのだが。

そういうことが積み重なって、その坂は『ヒトナシ坂』と呼ばれるようになった。


ヒトナシ坂のトンネルは去年、土砂崩れで封鎖されて、通れなくなったらしい。

あの化け物は、まだトンネルの中にいるのだろうか。

それともどこかへ消えたのか。


誰にもわからない。