小学4年の頃の話。


その頃、ありがちだけどクラスで

「こっくりさん」とか「エンジェルさん」とか、

そういうオカルトっぽいものが流行っていた。


ちょうど『学校であった怖い話』系の本が

たくさん出版されてた頃だったと思う。


いつもは学校が終わると

ほんの少し校庭で遊んで帰るんだけど、

その日はたまたま教室に残っていた。


教室には俺と親友A、B、

女の子はCさんとDさんがいた。


俺が通ってた小学校は

“出る”ことで有名で、

二階廊下、音楽室、保健室、一階トイレ、

外のトイレ、講堂、倉庫と話が豊富だった。


俺達が今日あったテストをネタに話していると、

Dさんが「ええー!」と大きな声をあげた。


俺達が注目すると、Dさんが


「Cが図書室で借りてきた本に、

霊を呼び出す方法ってのがあるんだけど、

やってみようって言うんだよー」


と笑いながら言った。


「こっくりさん」とかはやったことがあったけど、

それは初耳だし、面白そうだったから俺達も


「やる!」


と答えた。


ただ、面白そうだと思った。


その方法というのは、

決まった時間(丁度もうすぐだった)に鏡に水をかけ、

その場にいる皆で手を繋いで念じる、

とかそんなものだった。


各教室の後ろ側には

A4サイズくらいの鏡が備え付けられていたし、

丁度よかった。


鏡を囲んで、

A、B、俺、Cさん、Dさん

というふうに並んだ。


怖いなんて気持ちは全然なかった

(俺はCさんと手を繋いでることに有頂天気味だったしw)。


「何か起こったら面白い」


そんなふうに考えてた。


たぶん、皆そうだった。


「じゃ、いくぞ」


Aが花瓶に汲んできた水を鏡にかけた。


皆が軽く俯いて目を閉じるのが感じられた。


俺は目を閉じる前になんとなく鏡を見た。


鏡を水の膜が滑っていくとき、

鏡に白い靄がかかっていたように見えた。


俺達の姿が、鏡に映ってなかったようにも・・・。


目を閉じるまでなんて一瞬のことだし、

俺の気のせいだったかもしれない。


Bが


「別に何ともないな」


と言ったので、

全員が目を開けて鏡に注目した。


鏡からはもう完全に水がはけていたし、

それよりも床に水が滴り落ちていることのほうが大事だった。


一応雑巾を配備しておいたものの、

予想以上に濡れてしまったので、

慌てて乾いている雑巾で拭いて、全員帰った。


異変はあった。


俺は学校にいるとき、

視界の端に赤いものを見るようになった。


授業中、ノートに視線を落としていたとき

机の横に赤いスカートが見え、

驚いて横を見たが何もいなかったり、

廊下の一番奥から女の子が顔だけ出していたり、

下駄箱から靴を取るときに

赤い靴を履いた白い足が見えたり・・・


もう気のせいだとは思えなかった。


あの放課後にやったのは


『霊を呼び出す方法』。


本当に呼び出したのなら、

帰してないではないか。


俺はゾッとした。


ある朝、教室に行くために階段を登っていると、

廊下に置いてある古いオルガンの上に、

赤いスカートの女の子が立っていた。


その横顔は、講堂裏の梅林をじっと見ていた。


・・・幻だったかもしれない。


でも、一瞬、そう見えたのだった。


その日の午後、梅林が焼けた。


半焼くらいで済んだのだが。


原因は、教頭が焚き火をしたから。


もうすぐ冬だったから空気も乾燥していたし、

梅林は枯れた草で一面覆われていたから、

そこで火をつければ一気に燃えることなんて

子供でもわかることだった。


しかも教頭はとても真面目で頭が固い人だったし

そんなミスをするとは思えなかった。


顔に軽い火傷をおった教頭は意気消沈していて

すっかり人が変わっていた。


そして、教頭はさっさと何処かへ飛ばされてしまった。


俺が見た赤いスカートの女の子なんて


「何か起こったら面白い」


なんて考えていたから

無意識のうちに作り上げた虚像だったのかもしれないし、

恐怖から起こった気のせいだったのかもしれないし、

火事だって偶然だったかもしれない。


だけど、

火事があって少し経ってから、

Cさんが


「○○(俺)君、あのね・・・」


と、言いづらそうに話しかけてきた。


「変だと思わないで聞いてね。

私ね、あの放課後から

尻尾がたくさんある白い狐が見えることがあって・・・」


それを聞いて、実は俺も、と

赤いスカートの女の子のことを話した。


二人で話しているうちに気づいたのは、

鏡の前で目を閉じて念じていたとき、

俺は「トイレの花子さん」と思い浮かべていて、

Cさんはふと「こっくりさん」をイメージしていたという。


他の奴らにも話をしたら、

全員、何かしら白い靄のようなものを見ていた。


あのとき、俺達はやはり何かを呼び出してしまっていて、

その何かはイメージを持っていた俺とCさんにはその通りに見えて、

特に何も思い浮かべていなかった他の奴らには

白い靄のように見えていたんじゃないか、と推察した。


Cさんが借りた本には

『呼び出す方法』しか書いてなかった(無責任)。


俺達は前にやったように鏡を囲んで、


「遊び半分でやってごめんなさい」


と念じた。


あれ以来、俺は赤いスカートの女の子を見なくなった。


ただ相変わらず学校の怪談は絶えず、

ある日突然各教室の鏡が取り外されたり、

外のトイレの鏡もはずされたり、

少年野球の学校での合宿がなくなったり、

いろいろあった。


理由が告げられないので、

皆好き勝手な噂をしたが、

案外あたっていたのかもしれない。


鏡が外される前の授業中に、

先生がひきつった顔で

鏡を見ていたのをたまたま見てしまい、

それが忘れられないw


Cさんが借りた本に書いてあった方法で、

本当に呼び出せたとは思っていない。


本当に呼び出せていたのだとすれば、

それは皆が「何か起これば~」なんて面白半分にやっていたのを、

何かが怒ったからだろう・・・なんて思ってみたりする。