夜寝ていたら、雷の音に目が覚める。

なかなか寝付けず輾転反側してると、雷の轟音とともに突然障子戸向うに直径1メートル位の丸いオレンジ色の発光物が浮かび上がって消えた。

良く分からないけど雷に関係しているんだろうと結論付けて寝た。

朝起きて窓を空けようと障子戸、窓を開けて雨戸を開きかけているときに固まった。


雨戸が閉まっているのに明かりが見えたということは、部屋の中から照らされたことになる。

つまり、夜、部屋には何者かがいたということに…