四人の学生が立て続けに不幸に見舞われた。

まるで映画のファイナル・デスティネーションみたいに。

そんな噂話を聞いたのは、僕が高校二年生の時です。

一人が交通事故、二人目が難病、三人目が自殺、四人目が行方不明。

これが一年間くらいのうちに起こり、関係者の知れるところとなったそうです。


僕は友人から聞いたのですが、その友人の同級生が、行方不明になった学生の弟でした。

二十歳そこそこの若者が亡くなることじたい不幸だと思いますが、関係者以外誰も四人の関連性に気づく人はいませんでした。

同じ大学に通う学生で、あるサークル内の者が二人、彼らは交通事故と自殺で亡くなりましたが、その他の二人は専門学校の学生で、元バイト仲間だったそうです。

四人の共通点は何度か集まってゲームをしたくらいで、いったい何があったかまでは分からないとのことでした。

難病で入院している学生は家族以外面会謝絶で、集中治療室にいるらしく、失踪した学生のことも聞けない状態だったとか。

僕も友人も彼らの間で何が起こったか想像するしかありませんでしたが、これといった推理ができるわけでもなく、噂話で終わってしまいました。


その後僕は他県の大学に進学し、噂話をした友人○藤とも疎遠になっていましたが、ある年の夏休み、ニ年ぶりに再会しました。

地元のショッピングモールでばったり出くわし、その夜数人の同級生を呼んで飲み会となりました。

何のきっかけだったか、○藤がふいにニ年前の噂話について話し出しました。


あの中学の時の同級生○村は、同じ大学で学部も一緒とのことでした。

結局○村の兄は自宅近くの公園で首を吊って自殺したようで、もう四人とも亡くなったそうです。

「じゃあ謎のままなんだ」

と僕がいうと、○藤ではなく、隣にいた○田が話し出しました。

「祟りとか、呪いみたいなもんだな」

○田は大学のサークルで語り継がれている話だと前置きを入れ、○藤の話を引き継ぎました。


「四人は二日間だけ、ある場所でバイトをしたそうだ。そこで何かがあったらしい。その数日後、一人が交通事故で死亡したみたいだ」

「そこがどこなのか○村は知ってる。でも祟りが怖いみたいで、決して話そうとしない」

今度は○藤が言いました。

「バイトっていうのは、ある慰霊碑の清掃なんだ」
二人の話によると、事の起こりは、終戦前後の地震にまで遡るとのことでした。

戦争から復員したある人が、自分の生まれ故郷の集落が地震によって壊滅し、村人が全員亡くなったことを知ったそうです。

数年後、事業が成功したことを契機に、その跡地に慰霊碑を建立しました。

しかし何十年か経ち、付近の集落がすっかり廃村となり、管理する人が絶えたとのことです。

慰霊碑を立てた経営者一族がしばらく管理していたようですが、年に二度、社員が慰霊碑を清掃して花と線香を供えるようになったそうです。

その社員の家族が、交通事故で亡くなった学生だったらしいです。


慰霊碑がある場所に行けば、四人の降りかかった呪いの謎が解明できるかもしれません。

しかし○村によれば、慰霊碑自体があるお寺に移され、その場所が立ち入り禁止になっているとのことでした。

それ以上のことは分かりませんが、本当に呪いや祟りがある場所は封印されるのかもしれません。


あと、なぜ○村が慰霊碑があった場所を知っているかというと、その近くに有名な心霊スポットがあり、四人がかつてそこを訪れたという噂話を聞き、○藤と二人で確かめに行った時のことです。

昼間、車で付近を流していたら、ふい道路の真ん中に男が現れ、道を塞いだそうです。

○藤は○村が何もない場所でいきなり急ブレーキを踏み込んだので、驚いて問いかけると、○村は真っ青な顔で、

「今、兄貴が飛び出してきた」

と震えていたとか。

○藤には何も見えなかったそうですが、どこから現れたか訊ねると、○村は何も答えず、その場から慌てて逃げ出したそうです。

多分その近辺に慰霊碑へ入る道があると思うけど、行ったとしても思い出せないだろうなと話していました。


霊感のない僕ですが、絶対に近づきたくないと思いました。