祖父から聞いた話なのですが

祖父がまだ20代の頃すんでいた賃貸アパートの話です


そこのアパートの寝室は和室で

隣の居間とふすまで繋がったいたそうです。


ある夜、寝ていたら突然金縛りにあい


「スパー-----ン!」


とふすまが開いたのです。


そのにはガリガリにやせた女が正座しており、赤ん坊を抱いて

髪の毛をパサ....パサ.....と揺らして居ました。


その時祖父は気絶してしまい気付くと朝だったそうです。



次の日


祖父が残業で疲れて帰ってきてすぐに寝たそうです。


すると


「スパー-----ン!」


とふすまがあき

昨日と同じ女がいました。


昨日よりも布団に近かったそうです。


恥ずかしながら祖父はまた気絶してしまいました。



次の日


怖がりの祖父なのですがなぜか意地を張りその日も

そこの場所で寝ました。すると


「スパー-----ン!」


女は自分の目の前にいました。


女は子守歌を歌っていました。


その直後気絶。



最終日


祖父は怖くなったので大家にといつめたところ

その部屋の前の住人は家族で

夫が妻と赤ん坊をおいて家を出て行き

その残された2人は餓死して死んでしまったそうなのです。


そう,,,,正座で赤ん坊を抱いたまま


パサ....パサ..............