6月の終わり頃、アパート暮らしの大学生が、腐乱死体の状態で発見されました。

兄の勝巳さんが呼ばれ、身元確認に続いて、留守電のメッセージが再生されました。

3月14日-母親から 思い出話、途中で切れる。
3月16日-友人から 旅行の誘い。
3月21日-父親から 祖父が会いたがってる旨。
4月25日-友人から 大学に顔を出せと。
5月1日-母親から 勝巳に連絡しろと。

そこでテープが終わり、

「ご両親からの電話はいつも深夜2時過ぎですな」

と刑事がつぶやくと、勝巳さんがうなずいてから言いました。

「両親は、僕らが小さい頃に死にました・・・」



「深夜2時過ぎ」は丑三つ時。
一説には、この時間帯に霊がよく出るという。

両親と祖父は弟に会いたがっており、「あの世」に連れて行こうとしていた。

腐乱死体ということは、弟は死んでから時間が経っていると考えられる。
4月25日の友人からの電話の時点でもう死んでいたのだろう。

そして最後に「勝巳に連絡しろ」と母のメッセージ。

すでに死んでいる弟に「兄に連絡しろ」ということは、兄の勝巳もあの世へ連れて行こうとしている…