ある日私が高校から家に帰ると、まだ私の他には誰も帰ってなかった。
きちんと鍵を掛けてから、まずカバンを置きに自分の部屋に戻った。

リビングに行ってテレビでも見ようか、と思って部屋のドアを開けようとしたが開かない。

正確に言うと、ドアノブが回らない。
まるで誰かが向こう側でドアノブを握りしめているかのように。

私の部屋のドアは鍵も何もついていない。
開かないはずがないのだ。

単に壊れたのかもしれないが、それよりも先に「向こう側に誰かいる」という発想が出てきてしまった。

・・・怖い。

壊れているにしても、部屋から出られないのは困る。
幸い、私の部屋は一階で、窓もある。
私はとりあえず携帯を持って窓から外に出た。

表に回ると、ちょうどお母さんが帰宅したところだった。

「お母さん! 部屋のドアが…!あの、もしかしたら人が…」

改めて話そうとすると、自分でも突飛な思いつきだと安心より先に恥ずかしさが出てきた。

案の定、お母さんにはまず笑い飛ばされた。
いや、怖かったんだって…。

お母さんと私の部屋に行く。
私はやっぱり怖かったのだが、お母さんが平気でドアノブを回す。

ガチャ、ガチャと少しひっかかる感じがあったが、ドアは開いた。

「ほら、やっぱり思いこみだって。古い家だからね~。」

今度大工さん呼ぼうか、と何度か開け閉めして具合を確かめると、改めてお母さんは私の怖がりっぷりをおかしがった。

怖いって思っちゃったんだから仕方ないじゃん! 
私は恥ずかしさで顔が火照ったので、窓の鍵を開けて風に当たった。

そりゃ、夕方とはいえまだ明るいんだから、幽霊も変質者も出ないよなあ…。

「私」は窓から外に出た。
その後、部屋に戻り、窓の鍵を開けて風に当たった。

窓の鍵は誰が閉めた?