今でもわけがわからない、4年前、前の職場で働いていたときの話。

季節は冬に入った頃、かなり寒くなってきた頃だった。
その時、少し難しい案件の見積依頼を受けていて、担当者である自分ひとりだけが夜まで事務所に残っていた。
見積書の提出期限が次の日の朝だったからだ。

深夜1時を廻った頃、ふと見たら窓ガラスに誰かが張りついていた。
事務所はビルの8Fフロア。
窓ガラスはそいつの周辺だけ、真っ白にくもっていた。
両手を押し付けて、赤い服を着ているように見えた。

くもったガラスごしでぼやけているので、詳しくはわからない。
押し付けた両手と同じ高さに顔があって、輪郭が白くぼやけていた。

張り付いている奴は荒い呼吸をしているらしく、口のあるあたりだけ、窓のくもりがやたら濃くなったり、薄くなったり。

何がなんだかわからないまま、呆然とそれを見ていたら、そのまま後ろに倒れるかのように、べり、と剥がれて居なくなった。
疲れて夢でも見てるんだろうか?と、漠然と思ったけど(もしかして今のは、いわゆる幽霊というやつでは?)と考え出したところで、やっと恐怖を感じるようになった。
今のはなんだったのだろうと思って、あの窓ガラスに近づいていった。
くもった部分に触ろうとした時、向いの鏡張りのビルが目に入った。
俺のいるフロアの真上の窓に、さかさまに張り付いている人間らしき姿が見えた。

首を伸ばして、上から俺を覗きこんでいるような格好だった。
俺は弾かれたように事務所を逃げ出したんだ。

深夜で電車もなかったから、始発までコンビニに逃げ込んでひたすら立ち読みして始発に乗って家へ帰って、テレビをつけてソファで震えていた。

これ以降は後日談も何もない。
誰にも話さなかったし、別に何も起こらなかったから。

ただ、本当に不思議な経験だった。
あの、髪のない、つるっとした白い後頭部と、長い首が忘れられない。
でも、最悪顔を見なくてよかったとも思う。