「タカヤさん幽霊とか見えます?」

職場の新人のオジさんに唐突に聞かれた。

こんな話しを集めたり人に話しをしたりするのはもちろん好きだが、

自身の経験などほとんど無いのが実情だ。

オジさんの事を仮にWさんとしよう。

Wさんからすると、俺は見える人間に見えるそうだ。

こんな話しを振ってくるという事はもちろん何か面白い話しを持っているに違い無い。

「何か経験した事があるんですか?」

早速尋ねてみるとWさんはしみじみと言った。

「水子の霊ってのは成長するんですねぇ・・・」

話しはかれこれ20うん年前。

Wさんがまだ大学生だった頃の話しになる。

Wさんは、その頃付き合っていた彼女をうっかり妊娠させてしまった。

当然お互い学生で、子供を養う金も結婚意識もまだ無い時分、

仕方が無く堕胎手術を行い、子供を下ろしたのだそうだ。

怪異が始まったのはそれからしばらくしてからの事だ。

まずは幻聴が聞えるようになった。

部屋で一人でいる時、大勢の人に囲まれている時、所構わず耳元で聞える声。

それは赤ん坊の声なのだ。

あーとかだーという赤ん坊独特のあの声。

あれが耳元で妙にリアルに聞える。

当時住んでいた寮にはもちろん、

赤ん坊がすぐそばにいるというシチュエーションなどありえない状況で聞えてくる声。

その声は歳月を経るごとに徐々に変化していった。

赤ん坊の声はだんだんとハッキリとした言葉を覚え始め、

半年過ぎた頃にはハッキリとした日本語を話すようになった。

ある時、耳元で聞える子供の声がこう言った。

「お母さんいなくなっちゃう」

その言葉の意味を最初は理解できなかった。

だが、数日と経たないうちにこの言葉の意味を思わせるような出来事が起こる。

当時付き合っていた、例の堕胎をさせた彼女が、

別の男と浮気していた事がわかり、あっけなくWさんはフラれてしまったのだ。

その頃からWさんは、もしかしたらこの声は、自分が下ろさせた子供の霊なのではないかと考え始めた。

だがわかったところでどうして良いものかわからず、しばらくまたその子供の声と共に生活をしていたのだが、

この頃から、子供の声がある湖の名前を言うようになった。

Wさんから、俺もその湖の名前をハッキリ聞いたのだが、申し訳ないが忘れてしまった。

子供の声は何度もその湖の名前を口にするので、

気になったWさんはその湖について調べてみる事にしたのだという。

調べてみると、その湖の周辺に水子供養の寺がある事がわかった。

きっとこの子は供養してもらいたいに違いない。

そう思ったWさんはその湖の近くの水子供養の寺を訪れてみる事にした。

どんよりとした曇り空の天気だったのを覚えているという。

湖の沿線を走り、水子供養の寺へやってきたWさんはとりあえず拝んだ。

これで良かったのだろうか?

なんとなく浮かぬ気持ちで湖まで引き返してきたWさんの目に、

湖面に浮かぶ花束が映った。

何の為に誰が流したのかもわからない花束。

なんだか無性に手を合わせたくなったWさんは、花束に向かって熱心に手を合わせたのだという。

すると、Wさんの目の前に信じられない光景が現れた。

どんよりと曇った雲間から、一筋の光が湖面の花束に向かって伸びたのだ。

まるで何かが浄化されていくような光がおさまった途端、急に体が軽くなったのを感じた。

それ以来、子供の声は聞えなくなったのだという。

花束に差す光と水子の霊にどういう関連性があるのかはわからないが、

どうやらWさんについていた水子の霊はひとまず供養されたようだ。

Wさんは今日も「能率がなかなか伸びない」と苦笑いを浮かべていた。