今日未明、今月2日に起こった無差別傷害事件の被害者で、現在○○病院に入院中の高校生□□A子さんが、病室で自殺しているのが見つかりました。


A子さんは同傷害事件で左わき腹を刺されながらも、直後のインタビューに毅然と答え、犯人割り出しの決め手となりました。


しかし、同日深夜携帯電話を使ってのインタビューや、翌日3日の取材では事件の恐怖を語り、塞ぎ込む様子を見せ、4日以降の取材では、報道陣の問いかけに答えられない状態が続きました。


14日にはやっと報道陣の呼びかけに答えられるほどの状態に回復し、


「(事件で)相当なストレスを感じている」「(このような事件は)もうやめてほしい」


と報道陣に訴えたばかりでした。


その間に7度、A子さんの特集番組が組まれ、全国から応援のメッセージが届いていましたが、A子さんを引き止めることは出来ませんでした。


特徴的な話し方で全国的に有名になった父親のB男さんは、


「娘は(事件に)ころされたようなもの」と憤りをあらわにし、

祖母のCさんも「もう気力が尽きた」と肩を落とした。



A子さんの特集番組『夢を諦めない -A子さん半生の記録-』は今日夕方19:55分に放送です。


ぜひそちらもご覧ください。


「(事件で)相当なストレスを感じている」「(このような事件は)もうやめてほしい」

など、インタビューで答えた内容の( )は、マスコミが加えたものだ。

この( )を外してみると、

「相当なストレスを感じている」
「もうやめてほしい」

これは報道陣の度重なる取材にストレスを感じていて、もう取材に来るのはやめてほしい、と訴えていると思われる。

また、父親のセリフ

「娘は(事件に)ころされたようなもの」

は“(事件に)”ではなく“(報道陣に)”ということだろう。

何度も特集番組が組まれていることから、相当な頻度で報道陣が押しかけてきたはずだ。

A子さんは報道陣の度重なる取材によるストレスで自殺をした、ということなのだ…。