保瀬の大崩壊は凄まじい怨念を抱えたまま自殺した母と子の呪いによるものだ、と伝える碑と供養碑がある。


【保瀬大崩壊】
1892年(明治25年)7月25日 午後2時00分
一大音響と共に海部川南岸の保瀬山の中腹が幅300メートル、長さ800メートルに渡り崩壊。北岸山麓にあった井上 幸太郎、井上 喜太郎、桜井 矢平の家族11名、投宿していた山稼人(出稼ぎの林業従事者)36名は家屋と共に生き埋めとなる。
田畑四町歩(約400アール)も埋没し、ここに川上村保瀬(現・海部郡海南町平井字保勢)の部落は一瞬にして消え去り徳島県史上、類を見ない程の大災害となった。


"江戸時代、お杉という女性が、お玉という3歳になる娘を連れて保瀬部落に嫁いできた。部落の権力者である矢八が人妻であるお杉に惚れたが、お杉が嫌がった事に恨みを持った矢八が陰湿な虐めを始め、それによって母子は、村八分にされてしまう。

娘のお玉を連れて河原に降り立ったお杉は、
『我死後50年にして、必ず保瀬を壊滅させる』
と呪いの言葉を木に刻む。
50年という期間を挟んだのは、夫に災いが及ぶのを避るためである。

お杉は一時間近くも祈り続け、持って来ていた鍬を振り上げ、お玉の頭にめがけて勢い良く振り下ろした。

お杉はお玉の頭から吹き出した血を吸い、口いっぱいに含んで天に向かって吐き出しながら保瀬潰滅の為、
『保瀬は野となれ、山となれ』
こう唱え続け、最後にお杉はお玉の遺体を抱いて、念仏を唱えながら川に身を投げる。

お杉の予告通り50年後に保瀬部落は地滑りにより潰滅した。"