ウチの近所にまことしやかに囁かれている

「マリエ」というお話です


オッチャンは焦っていた。


今日も仕事の接待で深夜になってしまった。


いつものT字路を曲がるとそこには古びた神社があった


ほろ酔い加減のオッチャンはには見慣れた風景だったが

その日は何かが違っていた


ぽーん、ぽーん・・・


一定の間隔で音が刻まれている


不思議に思いながらもオッチャンは歩調をはやめたのだが

ふと、神社に目をやると浴衣を着た小学生くらいの女の子が

ボールをついて遊んでいる


深夜の神社の境内で少女がたった一人でだ・・・


違和感を感じて目をこらすと

まだ昼間の熱気がのこっている深夜だというのに

浴衣ではなく古い着物をきていたのだ


余り深くかかわらない方がいい。


オッチャンは薄ら寒いものが

背筋を通り抜けるのを感じたのか感じていないのか

そのまま神社の前を通り過ぎた


ぽーん、ぽーん・・・


音がオッチャンの後ろをついてくる


酒のせいで上がっていた体温は急速にさめて行き

いままでかいていた汗が冷や汗になるのがわかる


・・・後ろを振り返ると少女がついてきていた


うつむいてボール、いや、古風なマリをつきながら


その少女の脚は前に進んでいるにもかかわらず

全く動いていなかった


そのまま脚を動かさず、

マリをついている手だけを動かしながら

オッチャンに近づいてきたのだった


死に物狂いではしる。走る。疾る。


息が続かない身体にムチをうってはしる


しかし「その音」は確実に近づいてきている


「その音」がおっちゃんの近くまで来たとき

オッチャンは振り向いてしまったのだ


ぽーん、ぽーん・・・


すぐ背後に少女がいた。


ソレはずーーとうつむいていたのだが

ゆっくりと顔を上げ、吸い込まれそうな漆黒のまなざしを

オッチャンのつま先から膝、腰、胴・・・


そのまま視線を上げながら首まできた時


オッチャンはまだ暗い明け方に

道端にぶっ倒れて気絶していたところを発見された


あのまま眼があっていたら

どうなっていたのかは誰にも判らない。



後日談


ひとりのバイク乗りが「マリエ」の話をきいていた


地元の峠でも名の知れた走り屋でした


CBR600という、

とてつもなく速いバイクを操る彼は若すぎたのだ


下りの峠をバイクで攻め込むときの恐怖は

並大抵のものではない


しかし、それでも速い彼は怖いもの知らずと呼ばれた


その彼が神社の前に居た


ぽーん、ぽーん・・・


軽快なエンジン音とともに

この世のものと思えない不思議な音もそこにあった


3秒もあれば時速120km/hを出すことのできるバイクに乗る彼は

「ソレ」がバイクにはついてこれないとタカをくくっていた


アクセルを開ける。


近所の家の窓ガラスが震えるような咆哮が上がる


クラッチを繋げる。


古びたアスファルトでタイヤの表面をちぎりながら

黒々とマークをつける


つぎの瞬間、意識ごと身体を置いて行きそうな

強烈な加速で神社の前から疾走する


ヘルメット越しなのに「その音」は聞こえてきた


「その音」は確実に近づいてきたのだった


エンジンの調子が悪いわけではない。


快調そのものだ


しかしやがて「その音」がすぐ背後まで迫ってきたのだった


バックミラーには何も写っていない


バイクに伏せながら彼は後方を振り返ってしまった


そこには脚を全く動かさず

髪を振り乱しながら、

前傾姿勢になって必死にドリブルをしている少女の姿があった


なにを祀っているっているかはよくわからない

道祖神の横を通り過ぎたところで少女の速度が落ちた


肩で息をしながらうつむいたままマリをついていたが

その姿のままゆっくりと夜の闇に溶けていったそうな・・・・