私は小学生のころよく明晰夢を見ていた。


夢の中で夢だと気付く事ができたのだ。


その日も夢の中でこれが夢だと自覚することができた。


その夢は何処かの飲食店にいる夢で、隣で母親がビールを飲んでいた。


私は面白半分で、その店で働いているおばさんに話し掛けた。


「ねぇ、これは夢なんだよ。おばさんは夢の中の人間なんだよ」


おばさんは答えた。


「夢なんかじゃないよ。私はこの店でずっと卵料理を作っているんだよ」


私が何度これが夢であることを教えても、おばさんは納得しなかった。


そりゃそうだろうが。


ずっとおばさんに


「これは夢だよ」


と教え続けているうちに目が覚めた。


「変な夢・・・」


と思ったが、そのうち明晰夢を見る事も無くなり、そんな夢のことは忘れてしまった。


数年後、母親と一緒に少し遠くの市に出かけた。


帰り道、お腹が空いたので適当な飲食店を探している、

母親が良さそうな店を見つけた。


そこは卵料理が名物の店だった。美味しそうな料理が並んでいる。


母親は注文するものを選んでいる。


だが私は何となく落ち着かなかった。


この店はどこかで見たことがある・・・


そしてハッと気づいた。あの夢の中の店だ!


注文を取りに店員がやってくる。


母親はオムライスとビールを注文する・・・


夢の中のおばさんと同じ顔をした店員は私に言った。


「夢じゃないって言ったでしょ」