大学の先輩(以下N)は霊が見える人。


ある日Nはサークル仲間と夜景を見に、

車二台で高原に出かけた。


高原で一行は綺麗な夜景を楽しんだ。


そのうち日付も変わり、


「そろそろ帰ろう」


と言う話になった。


一行は帰り支度をし、車に乗り込んで

前の車はNの運転、後ろの車はKの運転で下り坂を帰る。


はじめは何事もなく普通に帰っていたが、

途中からKはおかしな事に気づいた。


前を走るNの車が徐々にスピードを上げ始めている。


道はそれなりに傾斜のある下り坂で、

あまりスピードを出すと危険だった。


しかしNの運転する車はどんどんスピードを増し、

Kもいよいよヤバイと判断すると

前の車に電話をかけた。

(おそらく前の車の助手席の友人にかけた)


電話口の友人に、

どうかしたのかと問いただすが


「とまれない!とまれない!」


を繰り返すばかりで要領を得ない。


Kはブレーキの故障と判断し、


「最悪の場合は車ぶつけてでもとめるから!」


と叫んだ。


しかし予想外の答えが返ってきた。


「違う!後ろから女が憑いてきてる!!」


あとからNに聞いた話では

運転中ずっと、宙に浮く女の首が


「とまって・・・とまって・・・」


と言いながら

追いかけてくるのが見えていたらしい。