うちの近くにお寺があるんだけど、

昔そこで起こった話。


小学生の時の事。


ある日の放課後、

当時仲の良かった女の子達と4人で、

そのお寺に遊びに行った。


お寺では、本堂で卓球(ちゃんと台がある)が出来たり、

外で木登りしたり、納骨堂に忍び込んだり…と、

意外に遊ぶ要素が多くて結構楽しめたものだ。


その日、私達はかくれんぼをした。


小学生だったので、

隠れる場所はだいたいワンパターン。


卓球台しまう物置とか、

本堂の仏像の裏とか。


だからみんなすぐに見つかって、

また同じような場所に隠れる…。


その繰り返し。


ガキの私達にはそれでも楽しかった。


それで、私がその時隠れたのが、

何十個も連なった折り畳んであるパイプ椅子の下。


この場所もみんなよく隠れるから、

まぁすぐ見つかるだろうなーとか考えながらジッとしてた。


しばらくして、鬼役の子が

パイプ椅子の近くに来たのが見えた。


あぁ見つかるな、とか思ったら、

その子、私が隠れてる所とは違うパイプ椅子の下見て


「見つけたよー」


って。


あれ??

誰か近くに隠れてたっけ??


そう思って、鬼が話し掛けてる所見たら、誰もいない。


誰もいない所に


「見つけたってー」


と言う鬼。


…何か、変だ。怖い。


たまらなくなって、椅子の下から這い出た。


すると鬼役の子が、私を見た途端泣き出した。


慌てて近寄って、


「どうしたの??」


って聞いたら、


「青いワンピースの女の子が…」


って言って泣き続けてる。


パイプ椅子の下には、やっぱり何もいない。


泣き声に気付いて、

どこかに隠れていた他の2人も出て来て、

必死に鬼役の子をなだめた。


どうにか落ち着いたその子に話を聞くと、


「椅子の下に、青いワンピースの女の子がいた。

初めはA(私)か誰かだと思って、普通に声を掛けた。

でも反応が無くて、おかしいと感じた瞬間に消えてしまった。」


との事。


その日お寺に来ていた子供は、

私達しかいなかった筈なのに…。


みんな怖くてすぐ家に帰った。


このお寺で


「青いワンピースの女の子」


を見た事があるのは、

その鬼役の子だけではないらしい。


他にも何人か見た事ある(と言い張る)子がいて、


「青いワンピースの女の子」


はお寺の幽霊として定着した。


私が見た訳じゃないので怖くないかも…。


でも、鬼役の子の怯えきった泣き顔は、

私を信じさせるには十分過ぎる程にグチャグチャでした。