日本の各地に

十柱神社(とばしら)と言うのがある。


大抵、日本書紀に出て来た神様だとかを祭ってい神社で

10人の神を祭るから、10柱というのだそうだ。


土木工事なんかの御利益があると言われている。


ただ近所の十柱神社は不思議なことに、

祀られている神様の数が9つしかわからん。


というか、10番目は「来るもん」だそうだ。


あと火気厳禁で神事でも火を使うことは

一切禁止されている。


ずーっと気になっていたんだけれど、

先日ある工事関係の人から

この神社の秘密を聞くことが出来た。


実は10人目の柱とは人柱のことで、

「とばしら」神社が火(ひ)を嫌うのは

「ひ とばしら」となる事を隠したいからで

そういう事に気を使い、

神経質になるぐらいぐらいには

その儀式は行われていたんだそうだ。


十柱神社の裏手を掘り返すと

そのときに使った鉄器やらが過去の遺物として

大量に出てくるはずだ。と。