ある夏の夜のこと。


僕は夏休みを満喫していた。


宿題も半分以上終わり、

リビングでテレビを見てくつろいでいた。


ふと、時計を見ると7時。


「はらへったな。早く帰ってこないかな。」


と思ったとき、丁度親が帰ってきた。


母は荷物をテーブルの上におろし、

それと同時に一体のこけしを置いた。


僕「何?このこけし。」


母「あぁこれ?お父さんが友達からもらってきたのよ。」


僕「ふーん。」


それから何秒、いや何分、

そのこけしを見ていただろう。


何故かこけしをずっと見ていたのだ。


するとしばらくするうちに、

そのこけしの表情が悲しんでるように見えた。


僕「うわっ!」


父「どうした?」


僕「い、いや、何でもない・・・」


その時ご飯ができた。


しかし食欲が湧かない。


さっきまで腹がへっていたはずなのに。


「このこけしのせいか?」


と思いながら食事を早めに終わらせた。


そして父に言った。


僕「なんで、こんな気持ち悪いこけしもらってきたの?」


父「しかたないだろぅ。

小学校時代からの友人の土産なんだから。」


・・・気持ち悪い・・・


そう言ったのがまずかったのか。


二階にある自分の部屋へ戻ろうとしたとき、

こけしが視界に入った。


そのこけしが怒っているように見えた。


怖くなり急いで部屋に戻った。


そしてベットにもぐり込み、

布団をかぶり、ふるえながら、


僕「怒っているように見えただけだ!見えただけだ!」


そう自分に言い聞かせた。


しばらくして冷静になり、

だんだん暑くなってきた。


僕「なぜ、真夏の夜なのにあんなに寒かったんだ?」


なんでだろう?

と思いながら、窓を開けた。


僕の部屋にはクーラーはない。


横になりいろいろ考えてるといつのまにか寝てた。


夜中、ふと、目を覚ました。


時計を見ると2時・・・


僕「嫌な時間に起きてしまったな。」


部屋の中は電気が点いたままだった。


もう一度寝よう、と思っても眠たくない。


とりあえずトイレに行こうと思い、1階に下りた。


トイレをしているとき、こけしの事を思い出した。


僕「あ・・・・」


思い出したくない事を思い出してしまった。


「だけどあれから時間がたってるんだ。

テーブルにおいたままな筈はない。」


そう思っていた。


喉が渇いていたから何か飲みたかった。


しかし飲み物は冷蔵庫に。


冷蔵庫に行くにはテーブルを通らないといけない。


おいてないと声にだしていても、

内心は置いてあるんじゃないか、と思っていた。


おそるおそるリビングの明かりをつける。


テーブルが見える。


しかし、こけしは置いてなかった。


安心して、冷蔵庫からお茶を取り、そして飲んだ。


こけしがなかったと言っても深夜は、

怖いので急いで部屋に戻った。


明かりが消えていた。


僕はアレッ?と思いながらも電気をつけた。


部屋の床に一体のこけしが置いてあった。


しかもこっちをみている。


顔もはっきりと怒っている。


僕「っっっっ!!」


僕は急いでそのこけしをとり、窓から投げ捨てた。


僕「はぁはぁ。なんなんだ!?」


すると、何かの音がする。


「コツッ コツッ」


寒気がする。


「コツッ コツッ」


もしかして・・・


「コツッ コツッ コツッ。」


部屋の前で止まった。


「コンコン」


ノックだ。


僕「お母さん?それともお父さん?」


返事がない。


僕もそんなはずないとわかっていた。


しかし、そう、思いたかった。


「コンコン」


まただ。


確かめよう、そう決心した。


ドアを開けた。


・・・・誰もいない。


ドアを閉めようとした。


何かが挟まった。


上を見た。・・・・・何もない。


下を見た。・・・・・一体のこけしが挟まっていた。


絶句した。


思わずこけしを蹴った。


すると小さな声で


「ひどい」


と聞こえた。


部屋の鍵を閉め、

ベットでガクガクふるえながら恐怖で泣いていた。


そこで気づいた。


窓があいている。


閉めようと思ったとき、丸い何かがとんできた。


びっくりしたが、気にせず窓を閉めた。


僕「よし、これで・・・っっ!」


丸い物に目を寄せるとそれはこけしの顔だった。


僕は動けなかった。


こけしの顔はこっちを見て、


「許さない!許さない!許さない!!!」


そして気づくと病院にいた。


どうやら精神病院らしい。


僕はあれから半狂乱になり、

親が駆けつけ止めてくれたみたいだ。


父「気がついたか!びっくりしたぞ。

部屋の中で叫んでるんだから!

とりあえずここで3日間ゆっくりしとけ。

夏休みだしな。」


僕は急にここで過ごせって言われびっくりしたが、

正直一人で部屋に居れる気がない。


こけしはどうなったんだろう?と思い父に尋ねた。


僕「父さん、こけしどうしたの?」


父「あぁ、あれは捨てたよ。お前も不気味がってたし。」


僕「よかったぁ。」


しかし僕は忘れていた。


あのとき投げ捨てたのに戻ってきたのを・・・


そして、親は帰り、

病院の先生の話を適当に聞き、

すっかり安心していた。


ポケットがふくらんでいる。


なんだ?と思った。


服は昨日のとは違う服だ。


つかんでみる。


丸い。


ものすごい寒気がおそった。


おそるおそるだして見る。


あのこけしの頭だった。


恐怖もあったがなぜ?

という気持ちもあった。


戸惑っている僕の顔を見て

こけしは不気味に笑いこういった。


「逃がさないよ」