あたしの父の部下で、Dさんという方がいます。


地方から出てきたばっかりで、

若干なまりも残る純朴な青年だそうです。


そんなDさんがある日、

真っ青な顔で出勤してきたそうです。


あまりにも具合が悪そうなので、

父はDさんに体調が悪いのか、

とたずねたそうです。


するとDさんは


「信じてくれますか?」


と何度も繰り返した後に、

こう話したそうです。


Dさんの住むマンションは比較的新しい、

まあまあ綺麗なワンルーム。


引っ越しの片付けも終わり、

いつもの様に本棚の下に布団をしきました。


本棚の隣にはテレビ台とテレビがあり、

本棚と台には隙間があったそうです。


Dさんはちょうどその隙間に

頭がくる様な姿勢で眠りにつきました。


夜中にふっと目を覚ますと、

部屋中の空気が薄くなっていたそうです。


あまり気にせずDさんが眠ろうとすると、

小さな声で


・・・・聞こえるうう?・・・聞こえるううう?


という女の人の声が聞こえてきたそうです。


Dさんは必死で聞こえないふりをして、

寝返りをうちました。


すると、本棚とテレビ台の隙間から、

女の人がDさんをじっと見つめていたそうです。


それから朝まで、

片足の女の子が部屋中を走り回ったり、

窓から黒こげの人が覗いていたりで、

一睡もできなかったそうです。


まだ大家さんになにかあったのかを聞いてはいないそうですが、

盛り塩だけしてホテルで暮らすDさんは、

今でもあまり体調がよさそうではありません・・・・