当時バイトしていた俺は、

その日も仕事をしてた。


閉店の時間になり、

いつものように仲間達と

ダラダラ掃除やら後片付けやらしていた。


大体片付け終わり、

仲間達とジュースを飲みながら話しをしていたら、

仲間の一人が言った。


「怖い話しようよ」


その時店には五、六人の仲間がいたのだが、

みんな集まって各々が聞いた怪談や都市伝説などを語りあった。


小一時間程そうしているうちに、

気になることを思い出した。


姉も同じ店でバイトをしており、

その姉から聞いたのだが、

俺がその店に来る前に自殺した人がいたらしい。


その事を仲間に聞いてみたかったのだ。


「ねぇ、前に自殺した人の事教えてよ」


途端に仲間達の表情が曇った。


聞いちゃいけなかったかな…?と思ったが、

何人かはその人と親しかったようで、

色々と話してくれた。


それは俺が店に来る少し前の事だったらしい。


聞いた話によると、自殺した人は男性で、

学校でのいじめを苦に自殺したとか。


店から何人か葬式にも行ったようで、

その時に仏をみた友達によると首吊りだった、

唇も真っ赤だった、という事だった。


自殺した本人とは会った事もないが、

あまりにリアルな話を聞いてガクブルだった。


時計を見るともう23時を過ぎている。


そろそろ帰るべ、と帰ろうとする仲間達。


その時だった


『ボンッ!!』


いきなりシェイクマシンが爆発した。


辺りに飛び散るシェイク。


シェイクマシンの電源は既に切ってあったのに…。


あまりに突然の事に店内は静まりかえった。


暫しの静寂の後、先輩が言った。


「ひょっとして…」


「あいつ今ここにいるんじゃね?」


みんな一斉に青くなった。


速攻、みんなで床を掃除して逃げるように店を後にした。


以後、仲間内でその話はタブーになった。