まだ上京していて学生やってた頃の話です


その日は夏休みで

バイトも休みだったので昼まで寝ていましたら、

母から電話がなりました。


何やらエライ事が起こったとの事。


姉の友人の当時の彼が、

心霊スポット巡りが大好きな人だったらしく

もう何回もお祓いを受けたりしてるのに、

性懲りもなくまたそういう場所に行った後でした


姉の友人とその彼が、彼の部屋にいると、

彼が


「なんかオルゴールの音がしないか?」


と言い出したのです。


ふざけているんだと思った姉の友人は、


「しないよ~!やめてよー」


とか言っていたのですが、

あまりに真剣に


「いや、する。絶対」


と言い張るので、

部屋中あさったのですが音の主は見つからず

何だか気味悪くなって、


「気のせい」


という事にして寝ようとしたのですが、

彼が


「どうしてもオルゴールの音がする」


と言って落ち着かないのだそうです


もう姉の友人は怖くてたまらなくて、

彼をなだめつつなんとか寝ようと目を瞑っていました。


トイレに行きたくなったらしいのですが、我慢していると、

トイレの窓にベッタリと顔をつけた女の顔が浮かんできたそうです


その時、彼が姉の友人の手を握りました。


きっと怖くて握ったのだろうと思ったのですが、

次の瞬間に、彼の手ではない事に気づき、

もうそこで我慢できなくなって

姉の友人は家を飛び出したそうです。


そして姉に電話をし(我が家はこういう事が多いので)、

姉は母に連絡をつけ、その日は朝までデニーズで過ごしたそうです


朝になり、それぞれ家に帰り、

母は誰もいない部屋で昼寝をしていたらしいのですが、

物凄いラップ音が部屋中でしたそうです。


そこで私に電話をしてきたみたいなのですが、

その話が終わる頃に電話の向こうから


「キャハハハハハハハ」


と女の高笑いが聞こえてきました


母にも聞こえていたそうです。


「電話なんかでこの話をしなかった方が良かったね。

今度あんたのとこに行くから」


と電話をきりましたが、

これが始まりだったのです


その電話があってから、

家に一人でいるとラップ音がし、

金縛りも毎晩、その間女の笑い声が延々聞こえてくるのです


横向きに寝てたりすると、

後ろから女の手が抱きついていることもありました。


金縛りなんかは正直慣れっこで、

腹筋に力を入れてちょっと念じればすぐほどけるのですが、

今回はそれも効果がありませんでした。


かなり強いのがきてしまったな…と思った時はもう遅く、

精神的にもおかしくなっていました


霊障によるノイローゼとかではなく、

いわゆる取り憑かれてるという状態です。


親から電話がかかってきてもとらず、

家まで来ても居留守をつかい

まったく会う気にもなりませんでした


学校も行かなくなり、一歩も家から出ずに、

何に関しても悲観的になってしまい、

ついには自殺願望まで芽生えました。


毎日悶々とベッドの中で


「どうやって死のうか」


などと考えているばかりでした


しかし、その片方で冷静で、

またそういうものと闘わなくてはと思う自分がいて

(不思議なのですが、この時はもう一人の自分が体の中にいるような感じでした)

”取り憑かれてる”というのも自覚していました。


いまになって思うと、

悪霊などに取り殺されるというのは、

こんな風に自暴自棄になって自殺してしまうのだろうなと思います。


精神科とかに行けば、

鬱病だと確実に診断されたでしょう。


そんな毎日の中、

いつもの様に金縛りに合いましたが、

右耳ではいつもの女の高笑いが聞こえ、

左では男性よりも低い声で念仏を唱える声が聞こえました


そしてフッと金縛りが解け、

その頃にはもう朝だったのですが、

すごく疲れて眠りにつきました。


夢を見ました。


亡くなった祖母が出てきたのです。


そこは海で、すごく静かでした。


海と砂浜と空がただひたすら続いているだけなんですが、

強烈な青とかでなく、淡い灰色がかった色合いでした。


その海で、祖母は生前会いに行くと


「よく来たねえ」


と言ってぎゅっと抱きしめるのですが、

そんな風に笑顔で私を抱きしめました。


目が醒めた時、涙が流れていました。


そして、


「今すぐ祖母のお墓に行かなくては」


と思い立ちました。


その日のうちにろくに支度もせずに家を出ました。


祖母のお墓は日本でも有名な大きなお寺の中にあるので、

お墓参りの際にお寺参りもしました。


お墓参りしなくては、と思ってはいたものの、

正直実家に帰るつもりはなかったのですが、

お寺から帰る際に実家に寄らなくてはと思いました。


母は私を心配していました。


そして、自分が今までどういう状態だったか話しました。


多分私は、

そういうものの影響を受けやすいのだろうと母は言いました。

(今はだいぶ強くなりましたが)


そして間もなく、私は実家に帰る決意をしました。


大学は、その時に休み過ぎた為に退学になりました。


いま現在の私の人生において、

その時が一番の闇であり、失ったものは多いのですが

(大学が退学になった他に、友人も何人か失いました)、

それでもあの時衝動に負けて自殺をせずに済んだだけ良かったと思います。


あの時は、大事な命を亡くなった祖母が守ってくれたのだと。


いまもどこかで見守ってくれてる気がします。