亡くなった私の叔母の話をします。


叔母と母が幼かった頃のことです。


叔母が夜中に目を覚まし、トイレに行こうとしました。


一人で行くのが怖かったので、

母を起こしていっしょに行くことにしたそうです。


そのトイレは家の中には無く、家から少し離れたところにあったそうです。

(昔の話ですし、田舎ですので、家にトイレがないのは珍しいことでもないです。)


叔母が用を足し、トイレを出る直前のこと、

時間が気になった母がこう尋ねました。


「ねぇ、○○(叔母の名前)ちゃん、今何時?」


すると、


「さ~ん~じ~…」


と返ってきました。


そこで母は、


「そう、3時なの」


と納得をしましたが、叔母はそうは行きませんでした。


なぜならば、叔母の周囲に時計などなく、

答えられずに黙っていたところ、

急に便器の中から声が聞こえてきたのですから。


しかも、声だけでなく、

中に溜まっていた糞が便器から手の形で生えてきて、

(ドラクエで言うところのマドハンド風に)

3本指を立てていたそうです。



このエピソードのおかげで、

私は叔母さんのことを3時のおばさんと呼んでいました。