わたしのオカンの住まいの近くに、

荒れまくった廃屋があります。


長年「売家」と貼ってあるけど、

ガラスは割れ、蔦は絡まり、

とてもじゃないが売れる可能性がゼロに等しいものです。


そこの前に、勘の鋭いオカンは、

人影を見るようになりました。


単なる不成仏霊だろう、

と華麗にスルーしていたわけですが、

ある日を境に、

その姿がだんだん濃くなっていったといいます。


(?おじいちゃんが、シルクハットにコート?紳士だなあ…)


なんて思う格好だったとか。


しかしオカンはなんだか身体の調子が悪くなり、

あちこちに痛みを覚えるようになりました。


そして、その夜、ふと通りがかると、

おじいさんはオカンのほうへ振り向きました。


その顔は、骸骨…。


(死神じゃねーかこいつ!)


オカンは慌てて帰り、

しばらくガクブルしたそうです。


それからオカン、病院へ通い、病気治療を行い、

まだもそこに居座る死神にこう言ったそうです。


「馬鹿野郎!のぼせんな!

あんだけ掛け金払っといて、

年金受け取り一円もなしのまま死なせるってどういう話じゃボケ!

頃すぞ!」


と悪態をついたら、

もう死神が現れることがなくなったそうです。