幼い頃からよく見る夢で、

知らない家に住んでいる、

というものがあります。


生活感とか時間感がものすごくリアルで、

3ヵ月ぶりにその夢を見ると、


「3ヵ月ぶりに帰ってきたなー」


と感じるので、現実と同時進行で

時間が流れている感じです。


その家には何もなく、不便なので


「次はあれを持ってこよう」


とか考えると、次の夢には

ちゃんと持ってくる夢を見ます。


そうすると、現実にその持って行った物が

なくなってしまうのです。


今までにその夢の中の家に持っていった物は

現実では一切見つかっていません。


でも夢でその家に帰るとちゃんとあるんですよね…。


なくした本とか小物とかタオルとか。


亡くなった犬もその家ではちゃんと飼われています。


人に話すと間違いなくデムパ扱いされるので、

あまり話せないのですが、今でも見ます。