沖縄でスキューバダイビングのインストラクターをしているYと言う男性がいます。


Yさんはその日も10人の生徒を連れて海に潜っていました。


生徒たちはダイビングを楽しんでおり、

海も綺麗で、いつもと何ら変わったところはありませんでした。


水中では手でサインを作って、手話のように会話をします。


ボンベの空気にまだ余裕があるならば、人差し指と親指で丸を作った『OK』の形。


もう空気が少なくなっているなら、顔の前辺りで掌を下に向けた形。


空気はどうかというYさんのサインに、

生徒の半分くらいは空気が少ないと言うサインを出しました。


(じゃあそろそろ一度上がろう)


Yさんはそう思って生徒を見渡しました。


すると、少し離れたところにいる一人の女性に自然と目が行きました。


赤いウエットスーツを身に付け、長い髪がゆらゆらと水中に広がっています。


女性は『OK』のサインを出しています。


(そういえばあの人、さっきからずっと『OK』だな。

もう俺も空気残量が少なくなり始めたのに・・・)


自分の吐く息がゴポゴポと泡になるのを見ながら、

Yさんはハッと気がつきました。


女性のレギュレーターからは、まったく気泡が出ていません。


女性はまだ『OK』のサインを出し続けています。


Yさんは生徒を連れて急いで海から上がりました。


船の上で人数を数えたところ、丁度10人。


もちろん海に入る前と人数に変動はありません。


船の上にいる生徒の中に、赤いスーツで髪の長い女性はいませんでした。


その夜、Yさんは宿所でインストラクター仲間にこの話をしました。


すると、海の中ではなく船の上でですが、

同じような格好の女の人を目撃したという仲間が数人いたのです。


「見間違いじゃなかったんだなあ、あれ・・・」


「幽霊だったら、ダイビング中に死んだ人とか?」


そんな風に、怖い怖いとしばらく盛り上がっていると、一人が不思議そうに言いました。


「何でずっと『OK』出し続けてたんだろうね?」


みんな顔を見合わせて考え込みます。


すると、一人の男性がぽつりと言いました。


「『OK』じゃなくて、『ゼロ』だったんじゃないか?」


「え?」


「もうボンベに空気は無いって、残量はゼロだって、始めから言ってたんじゃないか・・・?」