今年の夏の話。


夜中、江ノ島まで女友人とバイク2台で遊びに行きました。


詳しくは書きませんが、「出る」というトンネルがあります。


知ってる人は知ってるでしょうが、上に犬がいるところです。


ま、そこでは出なかったのですが、近くの山?も出るという話。


登ると一切の電灯も無く、真横にいるはずの友人も見えません。


危ないのでキーホルダーのライトで足元を照らしてました。


友人が怖がって、


「イヤかもしれないけどさ、手つないでよ」


と。


仕方ねぇなと言いつつ、自分も内心、

心細かったので手を繋ぎました。


5分ほど歩いているとずーっと後ろの方から、


「なんだよ!!私を置いていかないでよ!

私はライト持ってないんだよ!

たちの悪い冗談やめろよ!!」


と友人。


では、今手を繋いでるのは????


パニックになったおいらは、声のするほうへ急いで戻り、

ライトを照らして友人の顔を確認すると手を繋いで戻りました。


あまりにも理解不能な出来事で、

ちょっと急いでその場を離れました。


すると、ハンドルが左右にブレはじめるのです。


バイク乗りならわかるはずですが、

ある程度スピードに乗ったバイクはワダチに取られたり、

または強風でもない限りブレるものでは無いのです。


まるで事故車両です。

(何かに衝突したりすると、ブレたりする。)


あまりにも挙動がおかしいので、隣にならんだ友人が、

右からエンジンを止めてくれ、惰性で止まりました。


もちろん今走ってきたところはキレイな道です。


ワダチも強風もありません。


事情を友人に話し、少し落ち着いてきたときはまわりに人、

車がたくさんいました。


夏休み中の夜明けです。


サーファーやら。


その後何事もなくバイクは走れました。


一体何だったんだろう・・・・。


女友達に感謝。