仕事で疲れて家に帰ってきた俺は

そのまますぐに寝てしまった。


目が覚め起きると夜中の1時半ぐらい。


このまま寝て朝風呂入るのもめんどくさいので

ウトウトしている頭を持ち上げて風呂に入る事にした。


怖くはなかった。


霊の存在は信じてたけど

自分は全く霊感ないし

今まで一度も霊体験を経験した事なかったから。


服を適当に脱ぎ捨て

全裸になっていざ風呂場へ。


シャワーを浴び俺鼻歌を歌い出す。


何か気分がいい。


まあごく普通だが

俺の風呂場の隣には洗面所があり

ドア一つで連結している。


風呂場から洗面所へ向けて出るドアの真正面には

洗面台が設置しており

そこにはごく普通のサイズをした鏡が設置してある。


そしてそのドアはうまく言い表せないが

モザイクのかかった

透明なガラスみたいのでできていて

風呂場から洗面台の様子を

モザイクがかかった感じで見る事ができる。


逆もまた同様。


まあ少なくとも

そこに人の存在は確認できる形の造りになっていた。


俺シャワーを浴びている最中

ふとドアの方に視線を向ける。


そこにはボンヤリと

黒い影らしきものが移りこんでいる。


気にはならなかった。


どうせ姉貴だろう。


うちの姉貴は夜中起きている事が多くて

俺が風呂に入っている最中に

洗面所で何かしている事は珍しい事ではなかった。


俺、シャンプーリンスをして

その後丁寧に体を洗い、いざ湯舟の中へ。


またドアの方に視線を向けると

まだ黒い影がボンヤリと…。


俺今日はいつもより随分長いな…

と思いながらもさほど気にもしなかった。


するとシャワーを浴びている時は

シャワーの音で聞き取れなかったけど

洗面所の方から音が聞こえる。


「カチ…カチ…カチ…カチ…カチ…カチ…カチ…」


さすがに俺も不気味に思ったが

まだ心にはいくらかの余裕がある。


でも少しでも感じたこの不安を

早く拭い去りたくてこの黒い物体に声をかける。


「なー?姉貴何しとんの?」


返事がない。


もう一度声をかけるがそれにも応答せず…。


それでも周囲的に鳴っている謎の音。


「カチ…カチ…カチ…カチ…カチ…」


俺鼻歌歌って上機嫌だったが

だんだん怖くなってきて冷静さを取り戻してくる。


そういえば…おかしい。


姉貴にしては黒い部分が多すぎる。


姉貴は黒髪だが

長さは肩にかかるかかからないかのショートヘアー。


それに姉貴のパジャマが黒だとしても

そんなパジャマ今まで俺は見た事がない。


背筋に悪寒が走り

自分でも恐怖が募っていくのがよくわかる。


だが自分でもびっくりしたが

それと同時に好奇心が湧いてきている事もわかった。


今まで霊は信じていたが

霊経験のなかった俺としては

この目で霊の存在を再確認したかったのだろう。


俺が黒い物体を気付いてから30分は過ぎていた。


夜明けにはまだまだ時間があるし

このままでは拉致があかない。


俺は意を決して覗いてみる事にした。


そんな中でも相変わらず周期的に謎の音は鳴り続けている。


「カチ…カチ…カチ…カチ…」


俺はなるべく音が漏れないように

こっそりと湯舟を出る。


黒いボンヤリとした物体をマジマジと眺める。


間違いない。


これは姉貴でない事は確かだ。


それだけは断言できる。


周囲に聞こえていそうなぐらいの心臓の鼓動を抑え

ドアノブに手をかける。


俺、覗きこむようにゆっくりとドアを開ける。


その黒い物体を見た瞬間

俺は自分の好奇心を憎み

自分のした行為を激しく後悔した。


見なければよかった…。


黒い物体は身長が120~130ぐらいの

真っ黒な着物を着て

これまた真っ黒な髪を背中中間辺りまで生やした

全身真っ黒な日本人形みたいな無表情な女の子だった。


そしてそれとは裏腹に

顔だけがおしろいを塗ったように真っ白で

そのギャップがまた俺の恐怖心を煽りたてた。


俺は恐怖の余り硬直してしまい

視線を外す事ができない…。


その全身真っ黒な日本人形みたいな女の子は鏡を見ていて

視線の先はどこを見ているのかわからない。


鏡を通して自分自身を見ているのだろうか…?


そして更に異様な光景だったのが

小さいおちょぼ型の口を大きく開けて

カチカチと歯を鳴らしている。


そうだ、風呂場で聞こえたカチカチという音は

この女の子の歯の音だったのだ。


でも何の為にそんな事をしているのか全くわからない。


どれぐらい経過しただろう。


俺自身は30分にも1時間にも感じたが

実際は5分くらいだったと思う。


そんな時真っ黒な日本人形みたいな女の子の視線が

ゆっくりと動いた。


鏡ごしに俺と目が合った。


俺情けない話だがもう半泣き。


そして目が合った瞬間

女の子が鳴らしていた歯の音が


「カチ…カチ…カチ………カチカチカチカチカチカチカチカチカチカチ!!!」


そしてゆっくりと首だけを動かし

こっちを振り向こうとする。


もう俺限界。


狂ったような大声出しながら

全裸でおかんの部屋へ突入。


事情を説明しおかんに付いてきてもらい

洗面所に行くとそこにはもう誰もいなく

洗面台の栓のとこには

長い髪の毛がびっしりと絡まっていた。



これで俺の話は終わり。


結局その後その女の子の霊はもう現れなかった。


ただこのせいで霊感がついてしまったみたいで

霊を見かける事が多くなってしまった。


最近は俺の部屋の窓から見える街灯のところに

皮がひんむかれた女(たぶん)の生首が

すごい形相でこっちを見ているのが悩み。