厨房のころ、夏休みか、

次の日が休日だったとき。


当時、D○7にはまっていた、


私は深夜12時をまわり、

家族が私以外全員寝室に行き、

眠りについても尚、

ゲームを楽しんでいました。


親はほどほどにしなさいよとはいったものの、

そんな言葉を私はききっこなしで、

ずっとゲームをしていました。


実は私の家の隣の坂道にはよく女の霊が出るとか、

あと、祖母が数回亡くなった祖父にであったりしているのですが、

祖父の霊は孫の私を守ってくれるであろうし、

ゲームで遊んでいる隣の部屋に、

仏間があったので、守られている気がして、

特に怖いとも思うことなく遊んでいました。


ただ、12時半を回ったあたりから、

とても嫌な気分がしてきました。


例えるならば、

テレビの砂嵐のようなもやもやが這ってくる様な、

なんともいえない気分でした。


私はなんとなく、

黒いテレビ画面(鏡みたいになりますよね)を

見てはいけない気がしたので、

ダンジョンの切替の時には

目をつぶってやり過ごすようにしました。


そのゲームはやりこんでいたので、

目をつぶるタイミングをつかむのは簡単ですが、

一度だけ、タイミングを誤りました。


あ!しまった!!

とは思ったのですが、

目をあけてしまいました。


そのときの気分は最悪でした。


前述の、砂嵐のモヤモヤが、

先ほど感じたより余計に色濃く感じられました。


テレビ画面を見てしまいました。


私の真横に、髪の長い女が座っていました。


一瞬で、相手の顔は、

髪に隠れてほとんど見えなかったはずなのに、

女の目と私の目がしっかりあったのを感じました。


私と目があった瞬間に女は目を見開いたかと思うと、

私が着いているテーブルの下に

物凄い勢いで倒れこむように隠れました。


はっきりと覚えていますが、

一瞬の出来事でした。


相手が隠れるぐらいだから、

そんなに悪い霊ではないかもしれませんが、

言ってみれば、私の足元にその女がいる状態なので、

とても恐ろしく、私は身動きかが取れませんでした。


私は外が明るくなり、父親が起きてくるまで、

一心不乱にゲームをこなしていました。


それから私は、

その部屋で徹夜を一人ですることは

二度としませんでした。