これは友人の家での話、昼下がりの休日、

俺の友人Eが応接間でうたたねしちゃってた時の話。


ふっと、本当にふっと意識が戻ってきた、

いつもの自宅、いつもの休日の昼下がり。


でも何かが違う気が・・・する。


ふっと半分だけ開いた目にぬいぐるみが映った。


試供品か何かを配る時に一緒に配布されてきたぬいぐるみ・・・。


ぬいぐるみの手がばたばた、ぐるぐると動いている。


ぬいぐるみが動いてらー、これは夢だなー、もうちょっと寝よう・・・。


そのまま静かに眠りに落ちていく、そして目を覚ました。

(んん??変な夢を見たなぁ・・・、ぬいぐるみが動くなんて。)


応接間の奥、今まで惰眠を貪っていた

ソファーの正面にある棚においてあるぬいぐるみを眺めた。


そして手に取ってみた。


やっぱりただの安物のぬいぐるみだった。


別になにか仕掛けがあるわけでもないただのぬいぐるみ。


俺はそれを元の棚に戻しつつ、

変な夢を見た今夜友達に話してやろう、と思った。


それから数日後の夜、友人数人を迎えて妹とお袋とダベっていた。


「そういえばこないだの休みさぁ、応接間で寝てたら変な夢見ちゃったよ。」


ああ、言ってたね、と友人。


どんな夢なのと妹が突っ込む。


棚のぬいぐるみが動いてたことを告げると。


「あ、あたしも見たよ?」


え?いや、それは俺の夢であって、・・・え?


「先週かな、夜中にトイレに行きたくなって

何気なく応接間の前を通ったの、そしたら扉が隙間あいててさ。」


固まる俺と友人。


「中を覗いてみたの、そしたらぬいぐるみの手が動いてたよ。」


神妙な面持ちで話を聞いていたお袋、そこに口を挟んできた。


「あぁ、あたしも見たよ」


そんな事があるはずがない!


俺が見たのは夢だし、

きっと皆がたまたま同じ夢を見たのに違いない!


安物っぽいけど結構可愛いし、

動いたらいいって願望がきっとみんなにあったんだ!


そこに妹がトドメを刺してくれた・・・。


「夢じゃないよ、だってあたしぬいぐるみの前に手をやったら、

両腕で挟んできたもん!」


「そのあと、ちゃんとCDダビングしてから寝たし、間違いないよ。」


・・・言葉が見つからない。


ぬいぐるみ云々もそうだけど、

そこに手を挟ませてみる妹ってどうよ?


ちょっと途方にくれる。


友達もぽかーんとした顔で妹を見ている。


「きっとあれ、●●ちゃんだよ、皆に会いに来たんだと思う」


俺ははっとした。


そう、俺達には生まれてすぐ亡くなってしまった弟がいた。


そういえば今週が命日だ、

お袋もどうやら同じふうに思っていたらしい。


「そっかー、そうかもしれないなー」


・・・俺は夢だ、とは思う。


でもそういう偶然があるのかもしれない。


でも今週は今は亡き弟にケーキでも買って帰ってやろうと思った。


投稿者注)ここでの俺は友人、友人が俺なんです。


かいつまんだ話と数時間に及ぶ質問攻めで

ようやく話の詳細が分かったって訳なんですが、

そのままのやり取りを文章にすると非常に間抜けに見えたので、

今回は作文風になってしまいました。


家族での台詞(大阪弁を標準語に変換はしてます)と

応接間の間取りはそのままです。


尚、このぬいぐるみはなんとなく気味が悪いって

妹さんが近所の子供にあげちゃったそうです。


加太の淡●神社(曰く付き人形がいっぱいあるので有名)、

車で行けばムチャクチャ遠くもないのに、

ちゃんと修めようよ。・゚・(ノД`)・゚・。


ちなみに俺的にはこの妹さんがが死ぬほど洒落に・・・。