高校の修学旅行での恐怖体験


沖縄のある有名ホテルに宿泊したのだが

部屋に入ると壁には茶色い血のような染みがあり

洗面所には髪の毛の絡まったヘアピンが落ちていた


その部屋はなんとなく空気が重く

気持ちが悪かったが

疲れていたこともあり23時頃就寝した。


すると夜中に


【ゴ~ン、ゴ~ン】


と鐘をつくような音がしたかと思ったら

金縛りにあった。


しばらくすると部屋の隅に人の気配がしたので

おそるおそる目を開けてみると

20~30歳位の女が右手にハサミを持ち

自分で目を何度も突き刺していた!!!


流れ出る鮮血


しかし女は止めようとはしない。


恐怖で目を閉じようとしたが

意思とは関係なくその姿を凝視し

釘付けになっていた。


やがて女はこちらに気が付くと

四つんばいになり近寄ってきた


鼻と鼻がくっ付く位の距離まで来ると

その女はニヤッと笑い『お前見えるのか』と言った


その瞬間意識が遠のき気が付けば朝になっていた・・・


私は夜中の出来事が夢か現実か分からなくて混乱していたが

ブラッシングでもして落ち着こうと机の引き出しを開けた


しかしそこにはヘアブラシではなく

夜中に見たハサミが置いてあった!!!