これは、僕が仲間内で

旅行行った時に体験したモンです。


それは男オンリーだったが、

非常に楽しかった。


本当に楽しかった。


先に述べておくと、

僕は幸か不幸か霊感という物が備わっているようで

最近はそう頻繁に見る事も無くなってきましたが、

少年時代はもうそれこそしょっちゅう

妙な体験をしていました。


夜道を汚い子供に追っかけられたり、

明らかに死んでる?みたいな人をよく見ました。


話を戻します。


その日はみんなでログハウスに泊まって、

酒盛りもそこそこにぼちぼち寝るか、

と言う流れになりました。


わりと広い室内を

皆思い思いの場所で寝ることになりました。


僕は窓際が良かったので、

同じ意見を主張するMという男と共に

窓際を陣取りました。


このMと言う男は高校の時に出逢った頃から、

何か不思議と言うか、浮世離れしてると言うか

何やら変な奴だなぁといつも僕は思っていました。


Mは寡黙な男なので

話もそこそこにどちらかが言うまでも無く、

場を沈黙が支配して寝ることにしました。


ふと窓の外を覗くと今夜は満月で、

都会とは空気が違うせいか

うっとうしい位に月明かりが眩しかった。


周りの夜空も月にあわせて、

うすら青くて田舎の夜はこんな感じなのか

等と思っていました。


しかし、窓の外の見える地の景色は

ただただ漆黒の世界。


電灯など無い山の中、

おそらくはさぞ木々が茂っていると思われる山肌も、

奥行きも何も感じられず真っ黒でした。


僕はなんとなくMに


「何か幽霊でもいそうだなぁ」


と話しかけました。


すると彼は


「ああ、何かいるかも知れない」


と返事をしてきました。


僕はあまり現実で他人の霊感とかは信じない方で

(こういう場は別ですが)

上手くオチをつけた話をしてくる

自称霊感女などが大嫌いでした。


僕は何と無く言っただけなので


「何がいるって言うんだよ」


と少し反目しました。


Mは少し間を置いてから


「…女」


と言いました。


僕は馬鹿馬鹿しい、

と思い寝ることにしました。


しかしその夜は一時間、二時間と

瞼を閉じてもまどろみが訪れてきませんでした。


僕はずっと窓を見やっていました。


そこには真っ黒な木の枝や葉と、

その間に見える青白い夜空が

まだら模様に僕の目に写りました。


しかし何やら気味が悪い感じがして

再びMに


「ここ、何かいるのかな?気持ちわりい」


と尋ねました。


お互い窓の外を見ている状況でした。


Mは


「ああ、いるぞ。今そこに来ている。いる」


と言葉を返してきました。


さすがに僕もビビり


「どこらへんだ?」


と聞きました。


Mは


「木の上」


と言いました。


僕は先程から木々の上を見ていましたが

特にそれらしき影は見当たりません。


見えるのは

「黒」い木々とその間に見える「青」い夜空だけです。


「どこだよ?」


「分からないか?今お前をにらんでいるぞ」


どこだ?どこだ?


僕はそれでも分からないので

視界の中をまんべん無く凝視していました。


でもやっぱり見えるのは

黒と青の二色の世界…女の顔なんて…


そして僕は、だんだん分かって来ました。


理解してしまったのです。


その時ははっきり言って全身が凍りました。


黒と青の世界の中に、

真っ黒い髪の毛を中分けにした

真っ青な肌を持つ女が無表情に僕を見ていました。


「うわああああ!!!」


僕は絶叫しました。


何て事だろう。


おそらく僕は、

気付かなかっただけで

ずっとこの女と見つめあっていたんです。


無表情で、黒目がほとんどしめる細い眼、

真一文字に閉まった大きな口。


その顔と何回もおそらく目があったのだろう。


今まで見ていた


「黒」い木々とその間に見える「青」い夜空が

すべて女の顔に見えてくるような気がしました。


「真っ青な顔した女が見えただろう?」


とMは聞いてきました。


もう僕はすぐにカーテンを閉めて

布団にくるまりました。


「つ…憑いたりしねえよな?」


と僕はもうすっかりMにすがっていました。


「わからねえ。だが、今絶対にお前は外に出るな」


と念を押してきました。


もちろんそんな気は起きませんでした