俺が大学に入ったばかりの頃の話です。


ある日サークルの皆と怖い話をしてたら、

先輩達数人が寄ってきて

この大学にまつわる怖い話を教えてくれたんです。


怖い話はいくつかあって、

先輩達は皆知ってるお馴染みの話みたいでした。


俺は怖がりだけど

こういう話は好きだったんです。


その中の一人の女の先輩が

話の最中急にワッ!とか言って脅かす訳。


そんな子供騙しにビビる俺を見て面白がったのか、


「夜、見に行ってみよっか」


と俺を誘ってきたんです。


俺はあまり行きたくなかったけど、

その先輩に下心を感じたので行くことに。


夜7時に待ち合わせして現場へ。


そこは女の子が自殺したという校舎で、

その子は飛び降りる前に壁に

『さよなら』と書いたのだそうです。


そしてその文字は消そうとしても消えず、

いまも残っているのだというのです。


構内にはいろんな学部の棟があって、

俺にとっては縁の無いエリアも多く、

そこもまた足を踏み入れた事のない場所でした。


何の建物かは分からなくて、

周囲は結構草が伸びててあまり使われていない様子でした。


そして建物を少し回ってゆくと

先輩がここだよ、と言います。


壁の文字はありました。


まだ薄明るかったので

懐中電灯無しでもよく見えました。


目線ほどの高さに

かなり大きくさよならと書いてあります。


本当にそんな字があった事にちょっと驚きました。


でも正確には

『さよーなら』

と書かれてるんです。


俺は先輩に、


「なんかさよーならって伸ばしてません?

緊迫感無くないっすか?」


と言うと先輩もクスクス笑う。


さらに続けて、


「妙に字でかくない?」


とか、


「てっきり屋上のカベとかに書いてあると思ったんだけど、

この人まず下で書いてから上に登ったんですかね?

それにこれってスプレーでしょ。

校舎のカベにスプレーで落書きってw

盗んだバイクで走りだしそうじゃないすか?

これから自殺する人がしますかね?」


とひとしきり冗談を言い

二人で笑いあいました。


結局これはこの有名な噂を知っている人のいたずらではないかと思われました。


「でもあの文字消してあるよね?」


と先輩が言います。


確かに<消しても消えない>の言葉通り、

その文字は明らかに上から白系のペンキで塗りつぶされているのですが、

下から文字がはっきり読めるくらいに浮かび上がってきているのです。


しかしそれもそんなに不思議ではなく、

直接壁に塗った部分とスプレー文字の上から塗った部分とでは

風雨にさらされた時のペンキの落ち方が違っていて、

次第に文字が浮いてきたのではないか、

と俺は自分の考えを先輩に伝えました。


あるいはペンキを塗ったのもいたずら書きした奴らで、

わざとそれらしく見える様にしたのかも知れません。

(だとしたらヒマ人ですね)


しかしそう思いながらも、

近付いたり触ったりする勇気は無いへたれな俺なのでした。


そんなわけであまり怖くない心霊スポットということで

引き上げることにしましたが、

すっかり暗くなった大学構内を二人で歩いているうち

ビビリな俺はなんとなくさっきの壁が

やっぱり本当は怖い様な気がしてきていました。


先輩も俺のそんな様子を察知してか、


「ねぇやっぱりあの壁へんだよ」


などとあおってくる。


そんな時電話のベルの音がするのに気付きました。


構内にはいくつか電話ボックスがあったのですが、

前方に見える電話ボックスがなっているらしかったのです。


俺と先輩は、


「おー凄いタイミング!怖わー!」


などと言いながら

まだふざけた気持ちで近付いて行きました。


電話はまだなっています。


先輩は


「でてみよっか」


と言って

ボックスのドアを開けました。


俺が強がっているのを

面白がっているみたいでした。


次の瞬間先輩は

本当に受話器をとって電話にでてしまったんです。


みるみる内に先輩の表情がこわばってゆきます。


あぁ俺をかつごうとしているのだなあと思い


「なに?なに?貸して」


と言いながら

俺は先輩の手から受話器を奪って耳に当てました。


「・・・でしょ」


くぐもった音で聴き取れないのです。


??と思いながら

しっかり耳を当てて聴いてみます。


「わらった・でしょ・・・」


と聴こえた時、

俺は受話器を叩きつけるように電話を切り

先輩と走って逃げました。


後で先輩とこの話をした時、

先輩は


「あなたでしょ」


と言われたと言います。


電話の相手が何と言ってたのか

もう俺には自信がありません。


ただテープを遅回しした様な

女の声とも男の声ともつかない

低くこもった声だという点は先輩も言っていました。