怖い話は大好きだけど幽霊とかはあんまり信じてない俺。


そんな俺の唯一の心霊系?恐怖体験。


中学の修学旅行の話。


大阪のある中学校だけど

シーズンオフの長野県のスキーペンションに

クラスごとに別れて泊まるってしょぼい修学旅行だった。


前年までは毎年北海道に行っていたらしいんだが事故があって

旅行先で女の先輩と教師が死んだらしくて行き先が変わったらしい。


当然やることはあまりなく

牧場いって牛乳つくったり山登りしたり

つまらないものばかりだったけど

それでもテンションはそこそこあがって

特に夜は部屋に集まってUNOしたり写真とったり

好きな女の話とかで盛り上がって寝た。


次の日起きると隣の部屋が騒がしい。


様子を見に行くと

ある男子生徒のふとんの中に

でかいフランス人形が入っていたとのこと。


俺も見たけど体長90センチくらいあったし

悪戯のために持ち込めるサイズじゃない。


しかも不気味なことに片目がくりぬかれていた。

(プラスチックかガラスの目玉を埋め込んで

内側から縫いとめてある人形だったんで)


「誰や?こんなん置いた奴」


「お前呪われてんちゃうか?」


「つーかこんなでかいモン入れられてよく寝てたなー」


とか話していると

騒ぎを聞きつけて副担任がやってきて

人形を見たとたん


「誰だ!こんな悪戯をした奴は!」


と普段から考えられない切れ方で怒鳴り

人形を持っていったうえに犯人はわからなかったが

連帯責任として俺のクラスは

その日一日ペンションで謹慎になった。


誰がやったかも分からない人形を置いた悪戯程度で

修学旅行中に一日謹慎って

処罰は普通に考えてありえない。


当然文句言う奴がいたわけだけど


「お前がやったんか!?」


とか言いながらビンタされた。


そいつはメガネが割れてたから

相当本気ビンタだったと思う。


それで文句を言える奴はいなくなって

全員謹慎することになった。


その後修学旅行を終えて

学校に戻ってきたわけだが

その異常なキレ方をしていた副担任は

それ以降姿を見せなかった。


担任の話では戻ってきてすぐ交通事故にあって

足を骨折して入院中という説明だった。


さらに夜みんなで集まって

撮ったその部屋での写真の一枚が心霊写真だった。


ペンションのドアから

窓際に向かって撮った集合写真だったんだが

窓ガラスの外にありえない大きさの手のひらが

ベタっとついてた。


よくあるような見方によっては

手に見えないこともないって心霊写真のレベルじゃなくて

もうはっきりくっきりと

人の頭3個分くらいの大きさの手のひらが写ってた。


そのこともあって副担任が入院した当初、

クラスでは


「ざまーみろ」


「ばちがあたったな」


「人形持っていって呪いがかかったんじゃね?」


程度の話にはのぼったけど

学科を担任してるわけでもなく

普段顔をあわせない副担任の噂はすぐに途切れた。


夏休みに入って

同じ中学に行っていたクラブの先輩達と遊ぶ機会があり

その話をした。

(人形が置かれて騒ぎになって

副担任が事故入院するまでの話)


まぁ不気味な話ではあるけど

直接関係ない先輩たちはフーンって感じだったんだが

その中にいた女の先輩が変な顔をしながら

人形の造形を詳しく確認してきた。


この時まだ人形のことは

不気味な人形としか話してなかったので

90cmくらいの片目のくりぬかれた

不気味なフランス人形だったと説明した。


するとその女先輩は

他の先輩1、2人とヒソヒソ話したあと


「自分の学年でも口止めされてて

知ってる人はほとんどいないから絶対に他言するな」


と前置いてある話を教えてくれた。



以下女先輩の話。



~~~~~~~~~~~


俺達の前学年、

つまり先輩達が北海道に修学旅行に行ったとき

2日目の朝、その女先輩の部屋で騒ぎがあったらしい。


その騒ぎの内容とは

同じ部屋の女生徒のフトンに

でかい片目のくりぬかれたフランス人形が

置いてあったというもの。


そのクラスの担任が犯人を捜そうとしたらしいけど

当然持ち込めるようなサイズでもないし

旅館に置いてあったものでもなかったそうなので

担任は人形を処分することしにて騒ぎは収まったらしい。


で、その日の夕方から

人形を置かれた女生徒が高熱を出して

保健の先生じゃどうしようもなかったらしく

担任が病院に連れて行くことになった。


その道中で事故にあって女生徒と担任は死んだ…。


~~~~~~~~~~~


その話を知らなかった先輩とかも


「え!あの事件ってそんな事あったん!?」


と食いついてきて

フランス人形がどうなったかとか

今回の関連性とかで話は盛り上がったけど

結局置いた犯人とか人形の行方は

先輩達もわからなかったらしい。


今思えば俺のクラスの副担任は

このことを知っていたから

前年の事情を聞いた奴の悪質な悪戯と思い込んで

ブチ切れてたんだろう。


ちなみに俺の修学旅行で置かれた人形はどうなったのか気になって

副担任が退院したら聞こうと思っていた。


が、副担任は戻ってくることはなかった(はず)


少なくとも旅行が終わってから卒業するまでの10ヶ月前後の間、

俺は一度も姿を見ることがなかった。


夏休みも明けて受験モードに入ったせいで

担任に副担任のことを聞くのを忘れてたってのもあるけどね。


ついでに人形を置かれた奴は

何事もなく無事卒業してた。


心霊写真は個人のカメラで撮ったものだったけど

気味が悪いからってことで

学校帰りに俺の部屋のやつと写真を撮った隣の部屋奴9人で

地元の神社の賽銭箱にネガと写真を入れてきた。


当時供養の方法なんて知らなかったんでw


後日談とかオチも何もない話だけど以上です。