小学校の時、夜に一度だけ学校に行ったことがある


と、いっても8時ぐらい・・・忘れ物取りにね


夜といっても校内は電気がついてるし

職員室には先生もいる


ぱっと荷物を取って帰ろうと廊下を歩いてると

廊下のすぐ外にあるプレハブ倉庫が少し開いてて

中から足音が聞こえる・・・ステップを踏むような


気になって廊下を乗り出してみたけど、よく見えない


その時中の人物?が扉を開けた


そして足音がまた聞こえる


漸く見えてきた


小学生ではない、中学生ぐらいだったろうか


夢中で、只管、反復横飛びをしていた


こちらに背を向けて、息を荒くして

見てはいけないものを見てしまった気がして、

俺はその場を離れ、鍵を職員室に持っていき、

早足で家に帰った


先生にはその事は言わなかった


白いカッターシャツに黒いズボン


これしか記憶に無い


何故、彼はあんな所で反復横飛びを繰り返していたのか


そもそも、「彼」は本当に「普通」の「人」だったのだろうか


小さい頃の記憶で鮮明に覚えている、

唯一の体験でした