私の兄の話です(実話)


当時私の兄は両親と同居していて

仕事は3交代の仕事でした。


1番方(早朝~昼3時頃)

2番方(2時~11時頃)

3番方(9時~明け方5時頃)


といったローテーションで仕事をしてました。


社宅から仕事場まで歩いて数分のところでしたので、

兄は徒歩で通勤してました。


ある夜の2番方帰りのことです。


仕事場から自宅まで下り階段が続いていて、

自宅までたどりつくまでに数棟の社宅がありました。


下り階段を下っていて、

何か兄は見られているよな感覚に襲われたそうです。


自宅の手前の社宅(付近の社宅はおおむね5階建ての鉄筋でした)で

なにかすごく異様な感じになったそうです・・・誰かが見てるみたいな。


で、兄はその棟のベランダを見ました。


すると、4階のベランダから体を乗り出して

ジーーーっと兄を見ている人がいたそうです。


兄は


「あ・・・○○さんか・・・」


と、顔は知ってるけれど話はしたことは無かった人だったので

そのまま知らん顔して通り過ぎ自宅へ帰りました。


で、自宅へ帰って兄は食事をしながらテレビを見ていたそうです。


そのとき母が兄に言ったそうです。


「あんた2番方で知らんと思うけど、

今日の昼にね○○棟の○○さんが自宅で首吊り自殺したとよ」


兄は愕然としたそうです。


ベランダから見ていた人それは母が話したその人だったのです。