これは、2004年の夏に

僕達が実際に体験した話です。


去年の夏、友人のB男とC太とD朗と帰っていました。


明日から夏休みと言う事で、

ワイワイ騒ぎながら帰っていました。


帰り道に林がありました。


いえ、前からその林はあったんですが、

何故かその日は異常にその林が気になりました。


その時、


(この林にはずっとまえから空き家があったんだ)


と思い出しました。


小さい頃、よくこの林で遊んだからです


夏休みで浮かれていた事と、

何より急に湧いて来た好奇心で友人に


「明日此処に集まって肝試しやらないか?」


と言ったら、C太が


「んな唐突に」


と言ったので、僕が悪戯に


「怖いのか?」


と言ったら、B男が


「下らん事で喧嘩すんなや、ならこうしようか、

明日夕方5時に此処に集合する、それでいいな?」


と言いました。


元々好奇心が強いB男の事だから、

自分もやりたいのだろうと思った僕は


「B男も気になってたのか?」


と言ったら


「夏と言えば肝試しだろう」


と言い返してきました。


「はぁ…それよりC太はどうだ?行かないのか?」


と言ったら


「俺も行くに決まってるだろ!D朗も行くよなぁ!?」


と言い、D朗は


「行ってみようかなぁ」


と言ったので、僕が


「なら決まりだ、明日集合な、」


と言ったら皆首を縦に振りました。


この時、こんな事を言うんじゃなかったと後悔しています。


当日、僕は晩飯を食っていたので、

少し遅れて行ったら、もう皆来ていました。


「遅いぞ、A太(オディ)、もしかして怖くなったか?」


とC太が言ったので少し笑って


「違う、少し用事があった」


と言って、その後林に入って行きました。


入ってみたら以外とすぐ空き家が見つかりました。


林の中とあって5時と行っても

夜のように暗かったです。


C太が


「うっひゃ~何で取り壊しにならないのかねぇ?

…よし!入るか?」


と言ったので皆頷きました、


入って行ったら怖い物知らずなC太が

色々あさっていました。


そしてC太が別の部屋に入っていきました。


皆C太につられてその部屋に入ったら、

壁にはべっとりと黒っぽい物が所々にこびりついていて、

(何だろ?)と思い調べて、匂いをかいでみました。


そしたら何か懐かしい臭い、

だが、何故か頭がそれを認識するのを阻止する。


友人はもう気付いたようで、震える者も居ました。


僕は


(もっと奥に行ったら正体が分かるかな?)


と思い奥の部屋に入っていったら、

そこには人形が何体も置いていました。


僕が怖くなって戻ろうとしたら、

人形の方から


「あ…助けて…ぇ…」


という声がしました。


僕はその時、直感で黒い物の正体が分かりました。


それは、


「血」


僕は友人に、


「おい!行くぞ!」


と言うと、皆玄関の方に走りました。


でも、開けっ放しにしていた筈のドアが閉まっていて、

しかも玄関には首が折れた赤い着物を着た人形が置いてあり、

「それ」は不気味に笑いました。


僕は半狂乱でドアにタックルし、ドアをぶち壊しました。


友人も後から続いて出てき、

玄関に在る人形がこっちを向いていました。


僕はそんな事も気にせず、逃げました。


逃げる時、後ろから

ケラケラという笑い声のような音が聞こえました。