この話は、ある会社の社員寮に住んでいた時の話です。


当時、新入社員の俺は、

入社と共に埼玉県の某市にある

社員寮に入ることにしました。


その寮は、鉄筋コンクリート造りの3階建ての建物で、

建物自体古く、築30年は経っているとの事。


寮の中もなにか陰気くさい感じがしました。


入居当日、一番乗りした俺は、

3部屋空いていた中から2階の奥にある、

日当たりの良い角部屋に入る事ができました。


その部屋は12畳程あり、

なぜかクローゼットが4セットもありました。


1人で住むには広過ぎるくらいで、

収納たっぷりと喜んだものです。


入社後、1人で住むには広すぎる室内と、

4ヶのクローゼットを不思議に思っていた俺は、

ある日上司に尋ねました。


すると、昔は4人部屋だったとの事


「あの部屋で4人はきっついなー」


と思いながら納得したのでした。


寮生活にも慣れてきたある日、

いつになく寝苦しい夜に、

唐突にそれは起こりました。


なんともいえない、

息苦しさと寝苦しさで眠れずに

午前3時を過ぎた事を憶えています。


それまでの寝苦しさが可愛く思える程に、

一瞬にして部屋の空気が変わりました。


重苦しく、ピンと張り詰めた空気は

その部屋だけ別世界のようでした。


それまで聞こえていた周りの音も

嘘のように消えました。


とたんに恐怖に包まれた俺は、

ベッドに横になったまま

どうする事も出来なくなっていました。


ベッドに横になっていた俺の視線のその先には、

壁一面にある、クローゼットの1つの扉に

釘付けになっていました。


このまま見ていたらヤバイ、

と本能的に思ったその瞬間、

その扉が、

「キィーーーー」

といいながらゆっくりと開いたのです。


恐怖で身動き1つできない俺の目に映ったのは、

その扉の奥で、俺を「ジトーッ」と

見つめている1人の「男」でした。


クローゼットの中で、

ひざを抱えてうつむき加減に座っているその男は

明らかに俺を「ジーッ」と見ています。


しかしあまりにも鮮明に見えているその姿とは裏腹に、

俺は一瞬にしてこの世のものではないとわかりました。


いかにもサラリーマンに見えるその男は、

30代前半でグレーのスーツを着ており

メガネを掛け、非常に痩せています。


男は、何も言わず、

ただずっとこちらを見つめているだけです。


その顔に血の気はまったくなく、

とても暗い恨めしそうな表情でした。


一番強烈に感じたのは、

その男の周りが漆黒の闇に包まれていることです。


この世とあの世があるのなら、

その時のクローゼットの中は、間違いなく

あの世の闇に包まれていました。


そのまま何分が過ぎたのかは、わかりません。


俺は、ただただ恐怖しながら

その闇に包まれた男のいるクローゼット見る事しかできません。


何も言わず、

しかし、何か言いたげなその暗い表情の男は、

闇の中に消えて行きました。


俺はそのまま、

ボーゼンとしながら朝を迎えたのです。


おばけが出たからと言って、

仕事を休む訳にはいきません。


俺は眠い目をこすりながら、

職場に向かいました。


その日の昼休みに、

昨夜の出来事を上司に話した所、

驚きながらも、その「男」の事について

細かく聞いてくるではありませんか。


「何歳位だった?」

「顔の特徴は?」

「体形は?」


俺はその質問に答えていきながら、

上司はその「男」を知っているのではないか?

という疑念を抱きました。


一通り話し終えた所で、俺は聞いてみました。


「心当たりあるんですか?」


上司の答えは


「わからない」


の一言でした。


しかし、その表情からは、

驚愕してると共に、明らかに

「心当たりがある」

と読み取れました。


と同時にこれ以上

「聞くな」とも訴えている表情でした。


俺は、何か触れてはいけない事に触れてしまった感じがして、

それ以上、その上司から何も聞くことは出来ませんでした。


それから2年後、

社員寮も出て「あの夜」の事も忘れ掛けた頃、

ある先輩と一緒に仕事をすることになりました。


その先輩は、

俺と同じ社員寮に長年住んでいたこともあり、

寮の主と言われてた人です。


おまけに社内の事情通で何でも知っていると

評判の人でした。


半年ほど寮生活が重なっていたのですが、

ほとんど話したことはありませんでしたが、

一緒に仕事をするうちに親しくなり、

思い切って、「あの夜」の事を話してみたのです。


その時の反応は、

以前上司に話した時と同じものでしたが、

1つだけ違う所がありました。


一通り話した所で一言、


「明日、写真持って来るから見てみろ」


との事。


それ以上は何も言いませんでした。


俺は長年引っかかっていた、

「何か」が、わかるかも知れないと

写真を待ちました。


翌日、約束通り先輩が写真を持ってきました。


その写真は、俺が入社する以前に撮られた

社員旅行の集合写真でした。


その写真には、

150人ほど社員が写っていましたが、

写真を見てすぐに

1人の「男」に目が釘付けになりました。


そう、あの夜クローゼットの中にいた、

あの「男」が写っていたのです。


皆、笑顔で写っているその写真の中で、

間違いなく、あの「男」が

無表情で写っていました。


150人もの社員が写っている中で、なぜ一瞬にして

クローゼットの男に目が行ったのか自分でもわかりません。


しかし、「男」は間違いなく

生前の姿をその写真に残していたのです。


「アッ」と言いながら、

驚愕している俺の様子を隣で見ていた先輩が、

すべてを話してくれました。


「男」は元社員だった事。

あの社員寮に住んでいた事。

俺と同じ部屋に住んでいた事。

そして、今はもうこの世にいない事。


とても、あの寮が大変好きな方だったらしく、

長年寮に住んでいたとの事。


でもある日、急死してしまったそうです。


どこで、どういう亡くなり方をしたのかまでは、

いくら聞いても教えてもらえませんでした。


この話題自体、

なにか社内ではタブーなような空気でしたが。


今でも、あの夜クローゼットの扉が開く音と同時に、

そこに「居た」姿は鮮明に憶えています。


暗い表情をした彼が、

クローゼットの闇の中で「ジーッ」と俺を見つめながら、

何を伝えたかったのか俺にはわかりません。


しかし今でも、

あのクローゼットの中でひざを抱えて座っているでしょう。


新しい入居者を待ちながら・・・深い深い闇に包まれて