俺の田舎に通称「赤堤防」っていう防波堤があるんだ。


ま、名前のとおり灯台が赤く塗られているだけんだけど、

その赤堤防は大型のチヌがよく釣れる。


そこで親戚のオジサンが

夜釣りでクーラーに座って電気浮きを見ていたら、

背後から肩をポンポンって叩かれたんだって。


田舎で季節は夏、

だから夕涼みに来た人かな?って思って振り返ったら

誰も居ない。


よくある話なんだけど、

そのオジサンはその手のことは信じない人で、

そのまま釣りを続けていた。


するとまた肩をポンポンって叩く、

振り返る、誰も居ない。


ここで少し気味悪くなったけど、

とりあえず暗い海面に浮く電気浮きの明りをじっと見ていた。


するとまたもや肩をポンポンって叩かれる。


さすがに気味悪いので振り返らずに

竿をもったまま自分の脇の下から背後に目をやると、

ミノコシ?って言うのかな?


浦島太郎が腰に巻いているワラで出来たやつ。


それを身に着けた人の腰から下が見えたらしい。


しかもそのミノコシ?が濡れてて

水がポタポタ落ちているのが見えた


瞬間、オジサンは竿、クーラー、バッカン(エサ入れ)、

道具箱をそのままにダッシュで逃げたと聞きました。


そのオジサンは今でも釣りが好きですが

夜釣りだけは誘っても来ません。