実体験をひとつ・・・・。


俺が中学3年生の時、季節は夏だったと思う。


連れと琵琶湖にバス釣りに行ったわけだが、

その時は結構な大人数で、7.8人はいたのを記憶している。


暗くなってきたので帰ろうと、皆で歩いて駅に向かっている途中

ある中学校の横を通るんだが、その時不可解なことがおきた。


もう日も落ちて真っ暗闇に包まれた校庭のほうから

ブランコで誰かが遊んでる音がする・・・。


キィ・・・キィッ・・・っと確かに聞こえる。


別に夜にブランコで遊ぼうがたいして珍しいことでもなく

気にも止めず歩いていたが、ふと気が付く・・・。


中学にブランコ?あるわけがない。


連れも同じことを考えたらしく怪訝な表情でお互い見合わせる。


その間もずっと金属音は絶え間なく聞こえていたんだが

この体験で怖かったのは、どうも聞こえているのが3人で

他の連中には何も音が聞こえなかったという事実。


俺には間違いなく聞こえていたし、

他の二人の耳にも間違いなく金属音はなり続けていた。


でもあとの4.5人には全くきこえないらしい。


あれは一体なんだったのか今もって謎なわけで・・・。


数年後、その中学校を卒業した女の子と話す機会があったんだが、

その中学は出ることで有名だって聞かされたときは正直怖かった。