幽霊が見えると言う友人の話


彼が小学生の時、

初恋の女の子が交通事故死した。


女の子の通夜から帰った夜、

彼は部屋の窓を叩くノックの音で目が覚めた。


女の子が窓の外からノックしている。


彼がそれに気付くと


「開けて‥」


と女の子が言った。


彼は冷静に女の子が幽霊である事を悟った。


大好きだった女の子


彼は好きだと言う言葉を女の子に伝えようと

ベッドから起き上がった。


すると背後から


「開けちゃ駄目だよ」


と声がした


振り返ると怖い顔をした老婆が

ベッドの上に正座している。


体中の鳥肌が立ち、

彼は動けなくなり老婆から目が離せなくなった。


「お前に取って良いモノなら、

お前に許しを得ないでも家に入れるはずだよ。」


老婆はしわがれた声で言う。


背後から女の子の寂しそうな声が聞こえたそうだ


「さようなら」