いつも拝見させて頂いています。 
 

私が聞いた怖い話。 


工房のころから付き合っている親友がいまして、まだ付き合いはあるでんすけれど、 

特に、高校のころは、とにかく良く一緒に遊んでいました。 


ある日、そいつの当時の彼女が一緒にうちに遊びにきたんですけど、
その彼女は私の部屋にきて開口一番、気持ちが悪いって言うのですよ。

あとから親友から聞いた話によると 

彼女は、あの部屋には犬の霊が居るとのこと。

・・・すんでる私はたまんない。 


まあ、そんな感じで、彼女(Mさん)には霊感が結構あるって評判だったけど。 


本題は、そのMさんに、一番こわかった体験はって聞いたときの話。 

Mさんは、小学校のころ、お父さんが逃げちゃって、
ずっと拇指でいわゆるかぎっ子だったらしい。

ある日学校から帰って、やっぱり1人でテレビ見たり 

人形遊びしたりしていたんだって。

その前から怖い体験や不思議なものが 

見えたりってあったらしいけど、今回はなんだか様子が違うな、
と幼少ながら思ったんだって。

少しずつ頭が重くなってきて、だんだん耳鳴りがなる・・・ 


ヤダナ、ヤダナとおもいつつ、その耳鳴りがどんどん大きくなって、よおく 

聞くとお経に聞こえてきたんだって。そのうちどんどん頭が重くなり、 

お経もはっきりと聞こえてくる。 


もうヤダヨ、ヤダと思い、ふと上を向いたとき、 

十二単を着た女がけケタケタ大笑いしながら、宙を舞っていたんだって。 


そしたら、その女はカアッて目を見開いて真顔で、「&%$&#”)(&%%」 

て、感じで分けわかんない言葉を発し、目から血を流しながら、消えていったんだって。

そのまま気付いたら、ベットに寝ていてお母さんが 

そばにいて、悲しそうな目で自分を見ていたんだって。 


ほかにも、いろいろMさんは体験してて、良く話しを聞かせてもらいました。 

親友の彼女という以上に結構仲良かったし。 


      P.S.今は、Mさんはこの世には居ません。 

何がどうあったのか知らないけど、ずっと誰にもいいづらくて、言え 

なかった私の聞いた一番怖かった話です。